YAAAM

備忘録と自宅用の機器購入・検証などなど
ご質問、リンクもご自由に。

カテゴリ:カメラ > Kodak半天球カメラ

2015/12/23 "PIXPRO SP360 4K UVC"ドライバー使用方法を追加

 SP360 4KはUVC(USB Video Class)機能をサポートし、パソコンでUSBカメラとしても利用できるようになりました。今回はUSBカメラとしても4Kが取り込めるのか確認してみました。

 【ライブ配信】
 やってみたらそれっぽくできましたよYouTube360度ライブ配信を試してみる - SP360 4Kレビュー(8)

 【気になるライブ配信情報1】PANOPLAZA:PANOPLAZA LIVE サービス一般公開(2016/4/15)
 もうすぐ360度ライブ配信が実現できそうですよ。ただ、パソコンへの入力はHDMIっぽいのでいろいろ追加が必要になりそうですが・・・。
一部抜粋:
 カディンチェでは2014年12月より公開しているパノラマ動画共有配信サイトPanoPlaza MovieにPanoPlaza Liveを加えることで、360度動画の収録動画・生中継の両方に対応しました。
 専用のWindowsパソコン向けパノラマ映像変換・送信プログラム(仮称:PanoStream)は後日当社ウェブサイトにて公開予定です。

 SP360ではありませんが、360度動画を配信するという楽しそうな動画がありましたのでご紹介
 Joseph Tame:ジョセフの東京マラソン2016 プロジェクト ハイライト
  

 【気になるライブ配信情報2】「HUG」https://hugvr.com/
  HUG PROJECT


補足:USB給電による撮影について
 USBカメラを使用する際も基本的にバッテリーで動作します。下記の条件でバッテリー消費せずに動作するようです。(2015/12/11追記)
大電力を供給可能なUSBポート(CDP:チャージングダウンストリームポート[Charging downstream port])に接続した場合に限りウェブカメラモード中に電池を消費することなく使用することが可能です。※起動してからUSBポートに接続した場合に限ります。」(取扱説明書V2 P37より)
 ちなみに私のパソコンで4ポートのうち1ポートだけバッテリー入れてなくても起動は可能でした。他のポートも起動しようとしますが電力が足りないのかカメラの電源が落ちたりします。USBにも2.0,3.0だけじゃなく電力にも規格?があったんですね知らなかった。USBハブでACアダプタ使って急速充電できるタイプはこのCDPに対応しているやつとかあるのかもねぇ。ノートパソコンに繋げて長時間撮影や歩きながら生中継とかで利用しようとしている方はご注意を!
 今回、解像度確認、動画取り込みに使用させていただいたソフトは「AG-Webカメラレコーダー」です。
紹介記事:窓の杜 Webカメラの映像を録画できるシンプルなツール「AG-Webカメラレコーダー」

A. OS標準USBカメラドライバーを使用した場合
SP360 4Kを接続した際に、このソフトで表示された出力サイズとフレーム率は以下のようになりました。
a.魚眼レンズ的映像(ラウンドモード的映像)
 (1)2880×2880 5fps
 (2)2048×2048 5fps
 (3)1440×1440 5/15fps

b. 一般映像(フロントモード的映像)
 (1)3480×2160 5fps ※ただし、レンズ枠が2,3割を占めています・・・
 (2)1920×1080 5/15fps
  下記動画(3)~(5)は視野角設定変更時の画面です
 (6)1280×720 5/15/30fps
 ・640×360 5/15/30fps ※今回は検証省略

以下、その映像です。今回、動画は「AG-Webカメラレコーダー」で取り込んでいます。取り込み時はそのソフト独自コーデックのAGM-DCTを選択しました。動画内の時刻はそのソフトで表示しています。その後、AVI形式に変換してYouTubeへアップロードしています(mp4形式に変換しようとしたらエラーになったのでとりあえずAVI形式に変換しました)。AVI形式のファイルをリンクしましたので手元で確認したい方はダウンロードしてみてください(動画は5秒程度に短くしています)


1.USBカメラとしてキャプチャーした動画
a.魚眼レンズ的映像(ラウンドモード的映像)
(1)2880×2880 5fps(実フレーム4~5fps) AVI形式ダウンロードはこちら
 

(2)2048×2048 5fps(実フレーム4~5fps) AVI形式ダウンロードはこちら
 

(3)1440×1440 15fps(実フレーム9~12fps) AVI形式ダウンロードはこちら
 

b. 一般映像(フロントモード的映像)
(1)3480×2160 5fps(実フレーム2~5fps) AVI形式ダウンロードはこちら
 

(2)1920×1080 15fps(実フレーム10~12fps) ワイド(206度)設定 AVI形式ダウンロードはこちら
 

(3)1920×1080 15fps ワイド(206度)設定
 SP360 4Kの1920×1080では視野角を3段階設定できますのでそれぞれキャプチャーしました。※3480×2160では視野角を変更できません。
手振れ補正機能オン、オフ時の視野角(取扱説明書V2 P23より)※下図のように対角線上の視角です
 手振れ補正オン:Ultrawide 206°、Middle 173°、Narrow 150°
 手振れ補正オフ:Ultrawide 235°、Middle 188°、Narrow 163°

pdf - Adobe Acrobat Reader DC

 
・動画のキャプチャ映像 ※このjpegファイルはこちら
 1920uw

(4)1920×1080 15fps ミディアム(173度)設定
 
・動画のキャプチャ映像 ※このjpegファイルはこちら
 1920m

(5)1920×1080 15fps ナロー(150度)設定
 
・動画のキャプチャ映像 ※このjpegファイルはこちら
 1920na

(6)1280×720 30fps
(実フレーム20~23fps) ワイド設定 AVI形式ダウンロードはこちら
  


2.【測定時メモ映像を保存するまでの遅延の確認(2015/12/12追記)
USBカメラの接続環境
 ・SP360 4K ファームウェアV1.21
 ・パソコン Corei7-4710(4コア) アプリ停止時のCPU 5~8%(1~2GHz)、Windows 8.1
・「AG-Webカメラレコーダー」V1.2.2(フリー版)

コーデックを AGT-DCT指定した場合
 下記の遅延時間は目視レベルです。
・解像度:3840および2880 5fps指定
 【取り込み】CPU45~50% 遅延最大1~2秒
・解像度:2048 5fps指定
 【取り込み】CPU30% 遅延最大0.5~1秒
・解像度:1440 15fps指定
 【取り込み】CPU35~40% 遅延最大0.5~0.7秒
・解像度:1920 15fps指定
 【取り込み】CPU40% 遅延最大0.5~0.7秒
・解像度:1280 30fps指定
 【取り込み】CPU40% 遅延最大0.5~0.7秒
 ※遅延はプレビュー画面表示の遅延なので書込み遅延は考慮していません。


B.SP360 4K用のカメラドライバーを導入した場合

1. 映像の解像度
 カメラとしては
 ・1440×1440 15fps(ラウンドモード)
 ・1280×720(フロントモード)
 のどちらかを選択し、出力される映像は1280×720 30fps(RGB32)として扱われるようです。※v1.0.1.0を使用して確認(2015/12/23)
2015-12-23 14_02_22-記事の編集 _ livedoor Blog

2. 映像の変更
 ラウンドモードの映像は10種類から選択して、水平、垂直、ズームをそれぞれ映像を出力しながら変更が可能です。ただし、このソフトで確認した限りでは録画中の変更はできません。
 操作はのちほど動画で公開予定です。


3. (補足)ドライバーのインストール方法
 専用ドライバーのインストールはhttp://kodakpixpro.com/AsiaOceania/jp/support/downloads.phpを表示し、右にある"Other Resources Downloads"をクリック後、その下に表示される"PIXPRO SP360 4K UVC DRIVER FOR SKYPE"の[Download]ボタンをクリックし、ダウンロード後通常のインストールを行ってください。

・ドライバーを導入しても正常に表示されない場合
 以下のようにSP360 4K"PIXPRO SP360 4K UVC"を選択してもグレー表示で何も表示しないような場合、専用ドライバーが正常にインストールできていません。
2015-12-23 13_56_38-AG-Webカメラレコーダー

 デバイスマネージャを起動(「ファイル名を指定して実行」で"devmgmt.msc"を実行など)し、下記画面が表示されたところで、"イメージングデバイス"にUSB ビデオ デバイス"がある場合には削除します。そのデバイスを右クリックし"削除"を選択
2015-12-23 13_58_08-デバイス マネージャー

以下画面で[OK]ボタン。
2015-12-23 13_58_27-デバイスのアンインストールの確認

以下画面のように消えたことを確認し、"ハードウェア変更のスキャン"ボタン(またはメニューの[操作]-[ハードウェア変更のスキャン])をクリック。
2015-12-23 13_59_03-デバイス マネージャー

しばらくすると"PIXPRO SP360 4K"が表示されます。以上です。
2015-12-23 13_59_40-デバイス マネージャー

以上


【参考SP360 4KをUSBカメラとして使用する方法
 SP360 4KをパソコンにUSBケーブルで接続すると通常はUSBストレージとして動作し、内蔵のmicroSDカードにアクセスできますが、USBカメラ(Webカメラ)として認識させるにはカメラ本体で"Web camera"に変更が必要です。
 また、WiFiモードの状態ではUSBケーブルを接続してもUSBカメラとして認識しません。

(1) パソコンにUSBケーブル接続時にWeb Cameraモードにする
 動画撮影モードで下ボタンを2回押し”一般設定”画面でOKボタン。下ボタンを2回押し”USB接続モード”画面が表示されますのでOKボタン。下ボタンを押していくと”Mass Storage"、”Web Cam”が表示されますので変更したいモードに変更後OKボタンを押します。あとは下ボタンを数回押して”EXIT”が表示されたらOKボタンを押して設定変更を終了してください。
pdf - Adobe Acrobat Reader DC(一般設定)pdf - Adobe Acrobat Reader DC

(2) フロントモード(1920×1080など)で撮影する際の視野角を変更する
 動画撮影モードで下ボタンを押し”動画設定”画面でOKボタン、下ボタンを2回押し”画角設定”画面が表示されますのでOKボタン。下ボタンを押していくと”Uttra Wide"(206°)、”Middle”(173°)、”Narrow”(150°)が表示されますので変更したい視野角を表示後OKボタンを押します。あとは下ボタンを数回押して”EXIT”が表示されたらOKボタンを押して設定変更を終了してください。
pdf - Adobe Acrobat Reader DC(動画設定)pdf - Adobe Acrobat Reader DC(画角設定)

 以上


感想

 USBカメラとしてどれだけの方が利用されるかわかりませんが、新しい機能なので検証してみました。リアルタイム配信される方は簡単に広角映像を配信できるのでいいかもしれませんね。
 歩きながらリアルタイム配信される方とかでてくるかなぁ。ただ、モバイルだとアップロード側の速度がちょっと足りないだろうなぁ~とも思いますがどうなんでしょうかね?

以上

by カエレバ
by カエレバ
※SP360で使用可能なメモリは32GBまでですのでご注意ください。SP 360 4Kは128GBまでサポート。
by カエレバ

2016/5/20 追記:PCソフト v2.1.2.0バージョンアップ(ファイル結合機能の追加)

SP360(4K)で撮影した動画をYouTube/Facebook360度用変換、公開する方法です。
SP360 4Kの手順を書いていますが、ほとんど同じなので異なる部分を【ノーマルSP360】として記載しました。

Kodak PIXPRO JAPANよりソフトウェアの使用方法の動画が2つ公開されましたので、こちらもご確認ください(2016/3/26)
Kodak PIXPRO JAPAN:【360°対応動画への変換 編】SP360 PCソフトウェアの使い方(2)

Kodak PIXPRO JAPAN:SP360 PCソフトウェアの使い方(1) / Kodak PIXPRO JAPAN


必須環境

 パソコン(変換ソフト)が必ず必要になります。PIXPRO APP DOWNLOADS - FOR WINDOWS / MACよりダウンロードして利用します(同梱品にCDなどは入っていません)。詳細は下記で説明します。
 ・PC(Windows 7以降)、Mac(OS X 10.9 以降)(マニュアルVer1.0より 2015/12/4確認)
  【ノーマルSP360】Windows 8/7 以上、Mac(OS X 10.10/10.9/10.8)(マニュアルVer6より)

標準同梱品
  SP360 4k同梱品
・SP360 4K ※上記写真ではレンズリング装着済
・充電式リチウムイオン電池(LB-080)、バッテリー充電器、ACアダプター、USBケーブル
・防護カバー(ゴム製)、レンズリング、レンズカバー、携帯ケース、クリーニングクロス
・紙類(かんたん操作ガイド、保証書など)
※出荷時、電池は携帯ケースの中に入っています。私の場合、レンズカバーは携帯ケースの中と防護カバーの中の合計2個ありましたがこれは普通なのでしょうか?
【ノーマルSP360】梱包品の構成はほぼ同じで、ノーマルSP360にはレンズリングはありません

以下、スマホの画面などは取扱説明書より一部抜粋しています。

1.撮影前準備
(1)記録用のmicroSDカード(スピードクラス10)をカメラに挿入する
 メモリは内蔵されていません。別途microSDカードをご準備ください。
 ただし、メモリ最大容量はSP360 4Kは128GBまで
  参考:記録可能時間(ラウンドモード2880×2880またはフロントモード4K)※カメラ本体マニュアルより
  8GB:14分30秒、16GB:29分20秒、32GB:58分50秒、64GB:1時間58分、128GB:3時間56分30秒
【ノーマルSP360】1440x1440で16GB:1時間28分、32GB:2時間56分。64GB以上使用不可

(2)バッテリーを充電する
 カメラ本体で充電する場合には電源オフの状態でUSBケーブルを接続し充電してください。充電中はオレンジLEDが点滅し、完了すると消灯します。
【ノーマルSP360】充電中はオレンジLEDが点灯し、完了すると消灯します。
補足:USB給電しながらの撮影も可能です(電源オンの状態では充電はされません)。100均などでも売っている"充電専用のUSBケーブル"を利用してください(通信ケーブルの場合には電源が入らないことがあります)

(3)必要に応じてスマホ、タブレットアプリをインストール
 必須ではありませんが、画角を確認して撮影、カメラを水平、垂直を確認して撮影したい場合(水準器機能)、設定変更が比較的わかりやすく、撮影後に再生しその場で映像を確認する場合などに使用します。
 pdf - Adobe Acrobat Reader DCSP360 4K:AppStore(iOS7以上かつiPhoneは5以上)GooglePlay(Android 4.3 以上)


撮影前に知っておきたいフロントモードラウンドモード
 SP360(4K)は、一般的なアクションカメラ(1920×1080 60fpsなど)としても利用できるので、撮影前に決定しておくべき重要な2種類の撮影モード(フロントモードラウンドモードがありますので、その違いを映像で理解してください。
  
(1)フロントモードとは
 一般的なビデオカメラと同じ映像をとるモードです。このとき作成される映像は16:9の一般的な映像です。
 2014-12-13 20_34_56-360° How To Use SP360 - YouTube上記動画より

(2)ラウンドモードとは
 SP360でしかとれない360度で撮影するモードです。とはいってもTHETAのように完全360度ではありませんので、場合によっては横向きや下向きで撮影します。
 2014-12-13 20_35_49-360° How To Use SP360 - YouTube上記動画より
 このラウンドモードで撮影した映像は丸い映像(魚眼レンズ状態)として記録されます。その映像をPCアプリを使うことで上の右側ような様々な画像に変換することができます。そしてYouTube360度動画に変換する場合も必ずこのラウンドモードで撮影する必要があります
  メモリに記録されるこの2種類の映像はこの撮影開始時に決まりますので間違えないようにしてください。


2.カメラを設置固定する

 SP360は完全な360度ではないので、カメラを上向きや横向き、場合によっては下向きなど、撮りたい映像(撮りたくない映像)を考えてカメラの向きやその固定方法を検討します。
 上向き:通常の360度撮影。カメラの真下が重要ではない場合。
 横向き:前方や後方などある程度撮りたい方向が決まっていて「上向き」設置よりさらに下方向の映像が必要な場合など。
 下向き:自分の周りを中心に撮りたい。人混みの様子を撮影したり、ドローン搭載時に上空からなど。
<補足>動画をたくさん見られた方は気づいたと思いますが、上向きの場合には水平より下側がSP360 4K 27.5度(235度-180度÷2)でノーマルSP360は17度(214度-180度÷2で17度)で映らない範囲が広いので特に注意してください。特にノーマルSP360では17度しかなくヘルメットの上に取り付けたりするとバイクやスキーなどで下側がほとんど見えない空ばっかりの映像になってしまうことがあります。そのときは若干前に傾けるか前向きに設置するなどして後方はあきらめたほうがいいかもしれません。

【ご注意】1回で20~30分以上の動画撮影をする場合
 4Kで撮影する場合にはなるべく三脚ネジで固定し、カメラの底面、側面などができるだけ空気に触れるような設置を検討してください(そのまま地面などに置くと高温になり、バッテリーが切れる前に保護機能により自動オフになることがあります。


3.撮影
 SP360 4Kにはボタンが4つ(上ボタン[電源]、下ボタン、OK[録画]ボタン、WiFiボタン)があることを確認してください。
pdf - Adobe Acrobat Reader DC


【ノーマルSP360】ボタンが3つ(上ボタン[電源]、下ボタン、OK[録画]ボタン)があることを確認してください。
pdf - Adobe Acrobat Reader DC
(1)電源をオン
 カメラ本体の電源ボタン(上ボタン)を1秒以上押します。しばらくすると液晶に以下の動画撮影モードの画面が表示されます
※電源を手動でオフにする場合も同様に1秒以上押してください。
 pdf - Adobe Acrobat Reader DC
【ノーマルSP360】
pdf - Adobe Acrobat Reader DCノーマルSP360はWiFiモードで起動します
※初めてカメラの電源をオンにした場合、液晶に日付設定の画面が表示されますので、上下ボタンで年、月、日、時刻を選択しOKボタンでそれぞれ決定してください。
 pdf - Adobe Acrobat Reader DC

補足:操作しない状態から5分で自動オフになります(設定で解除可能)。スマホで電源をオンにすることはできません。別売のリモコンで電源オンが可能になるようです(ただしオフにしてから6時間後はオンにできない制限あり)。
【ノーマルSP360】初期状態はこの節電機能はオフで、60秒に設定することが可能。

(2)録画の開始
a.カメラ本体で撮影する場合
 動画撮影モードになっていることを確認し、OKボタンで録画を開始し、撮影終了は同じボタンを押します
撮影は以上です。

補足
:録画開始の前に、上ボタンを押していくと、(1)動画、(2)写真、(3)エンドレス、(4)タイムラプス動画、(5)ハイスピード、(6)連写、(1)動画・・・のように6つの撮影モードが下図のマークが切り替わっていきますので一度ご確認ください。
 pdf - Adobe Acrobat Reader DC
 また、液晶画面に表示される下図マークで現在がグローバルモードなのかフロントモードなのかしっかりとご確認ください。
 pdf - Adobe Acrobat Reader DC
 動画撮影の初期設定はラウンドモード、2880×2880になっています。詳細はPDF取扱説明書をダウンロードしてご確認ください。

補足:WiFiモードの状態ではカメラ本体ボタンでの録画停止や設定変更はできません。電源を入れた直後は動画撮影モードになりますが、エンドレスモードで電源を切った場合だけ、次回電源を入れてとき同じエンドレスモードになります。★
【ノーマルSP360】WiFiマークが表示されていますので、上ボタンを押してモードを動画撮影モード(下画面のよう)にし、OKボタンで録画を開始します。
 pdf - Adobe Acrobat Reader DC
 録画開始の前に、上ボタンを押していくと、(1)WiFi、(2)動画、(3)写真、(4)エンドレス、(5)タイムラプス、(6)連写、(1)WiFi・・・のように6つのモードが切り替わっていきます。
pdf - Adobe Acrobat Reader DC
 また、液晶画面に表示される下図マークで現在がフロントモードなのかラウンドモードなのか(フロントモード以外はいずれのマークでも同じラウンドモードの映像が保存されます)しっかりとご確認ください。
pdf - Adobe Acrobat Reader DC
 
補足:ノーマルSP360では電源を入れた直後はWiFiモードになりますが、エンドレスモードで電源を切った場合だけ、次回電源を入れた時に同じモードで起動します(さらに、そのオフの状態からUSBで給電開始されると自動的に録画が開始、給電停止すると1分後に自動停止、電源オフされます。※残念ながらSP360 4Kではこの機能はありません)。

撮影が終わりましたら、引き続き下記の「4.撮影した動画をYouTubeへ360度動画としてアップロードする」をご確認ください。


b.スマホアプリで撮影する場合
 スマホでWiFi接続後にアプリを起動、録画を開始します。
(1)カメラ本体のWiFiボタンを押します。青色LEDが点滅します。
 pdf - Adobe Acrobat Reader DC
【ノーマルSP360】電源をオンにした直後はWiFiモードですので操作は不要です。

(2)スマホでカメラにWiFi接続します

 スマホのWiFi設定画面に一覧表示されるアクセスポイント名"PIXPRO‐SP360-XXXX"と接続します(初期パスワードは"12345678"です)。
 このとき、カメラ本体の青色LEDが点灯状態になります。

補足:Android端末の場合はNFCでも接続可能
。スマホのNFCが有効の状態でNFCマークにスマホでタッチしてください。アプリが自動起動しWiFiも接続されます。


(3)スマホアプリを起動
 スマホ上でSP360 4K用pdf - Adobe Acrobat Reader DCまたはノーマルSP360用pdf - Adobe Acrobat Reader DCアプリを起動します
アプリ起動後に以下のような画面が表示され、カメラと接続失敗した場合は真ん中より少し下にある"+マーク"をタッチして再接続してください。それでも接続しない場合は一旦アプリを終了させてWiFi接続を再度確認してください。
pdf - Adobe Acrobat Reader DC

(4)録画
 下図のような画面が表示されますので、動画撮影モードであることを確認し録画ボタン(白色の円にビデオマーク)を押して録画開始、再度同じ場所を押して録画停止します。
pdf - Adobe Acrobat Reader DC

下記は参考程度とし、撮影が終わりましたら引き続き下記の「4.撮影した動画をYouTubeへ360度動画としてアップロードする」をご確認ください。

補足:現在の撮影モードの確認
 画面左下のマークで確認できます。撮影モード(ライムラプス動画やハイスピード動画など)を変更する場合は左下のマークをタッチして選択してください。
pdf - Adobe Acrobat Reader DC

補足:ラウンドモードとフロントモードの切替
 下図の場所のマークで確認、設定できます。一番下の白い円の中に黒い線で四角がフロントモードでそれ以外はラウンドモードです。
pdf - Adobe Acrobat Reader DC
補足:撮影時に(フロントモード以外の)パノラマなどを選択し、その映像を見ながら撮影できますが、メモリに記録されるのは結局はすべて丸い映像(ラウンドモードの映像)のままです。 

 フロントモードを選択すると以下のような水準器が表示されます。地面などに固定して設置される場合に便利です。オレンジマークが動き現在のカメラの水平、垂直状態を確認することができます。
pdf - Adobe Acrobat Reader DC
※フロントモードでこの画面が表示されないときは、"メニュー"の"レベルセンサー"がオンになっていることを確認してください。

(露出補正設定)画像の明るさを調整したい場合は下図の場所をタップしEV値を指で上下にスライドして調整してください。EV値は-3~3まで0.3単位で指定可能です。
pdf - Adobe Acrobat Reader DC

さらにホワイトバランスの設定は下の場所をタップすると、オート(AWB)、晴天、曇天、蛍光灯、白熱電球、水中に切替えることができます。
pdf - Adobe Acrobat Reader DC


4.撮影した動画をYouTubeへ360度動画としてアップロードする

 PIXPRO APP DOWNLOADS で"PIXPRO Software Downloads For PC/MAC"を選択し、下に表示されるSP360 4K用とノーマルSP360用それぞれにWindows,Mac用がありますので、必要なソフトをダウンロードしてインストールしてください。
 補足:v2.1.2.0がダウンロード可能です(2016/5/19確認)。 

 ダウンロードを待っている間に、下記動画を1分50秒ぐらいまで見てください(1分50秒以降はカメラの向きによって選択する項目が違うだけですのであまり意味はありません)。
 この動画の流れとしては、YouTube360度動画にしたい動画ファイルを選択、変換する映像の開始と終了位置の指定。YouTubeボタンを押してカメラの向き、保存するファイル名の指定。動画の変換が完了した後にYouTubeアップロード時のタイトルなどの指定、になっています。
 

(1)動画を選択
 上記動画はSDカードをパソコンに装着した状態を想定しています。パソコン内のハードディスクやパソコンに挿入したSDカード内の動画を選択する場合には"Disk"マークをダブルクリックして動画のあるフォルダを選択してください。

 カメラ内に挿入されたメモリを表示する場合には、最初にカメラの電源ON状態でUSBケーブルを接続するとカメラ液晶に"Mass Storage"(初期状態のカメラは"Mass Storageモード")と表示され、パソコン内でドライブとして認識しますので、認識後に必ずパソコンアプリを起動してください。起動後はカメラ内の映像が一覧表示されます。

補足:ラウンドモードで撮影された動画は、画面右上の選択画面では”基本的に丸い映像で三角マーク”で表示されています。
2016-05-20 10_05_58-
補足:映像を選択した際に"YouTube"マークが表示されない動画はフロントモードで撮影されたもの、YouTube動画として変換済のものや写真などですのでご注意ください。

(追加機能)v2.1.2.0から分割された動画ファイルを結合する機能を追加されました。[色指定]ボタン左のフィルムマークのボタンを押すと下記画面が表示されます。結合したいファイルを[追加]し必要に応じて順番を並び替えて[OK]ボタンを押し新しい動画ファイルとして作成できます。
 2016-05-20 10_08_08-

(2)動画の開始、終了位置を決定 
 動画で再生される範囲をスライドバーで開始、終了位置を指定し、不要な前後の動画をカットします。
 補足:映像を大きくしたい場合には右下のマークで画面一杯に表示して確認することもできます。

(3)"YouTube"360度動画に変換
・YouTubeボタンを押すと以下の画面が表示されますので撮影時のカメラの向きを指定し、[OK]ボタンを押します。※v2.0.1.0より解像度変更画面が追加されています(2016/2/3追記)
2016-02-03 12_30_04-

2015-12-06 12_18_04-

・次に変換後の動画ファイル名を指定します。
2015-12-06 12_19_10-名前を付けて保存

 上記決定後、変換が開始されます。変換には出力解像度によって異なりますが、最高画質3840×1920出力時には私のパソコンでは再生時間の10倍~20倍かかりましたので初めて確認される場合には短めの動画ファイルでテストされることをおすすめします。100%になったことを確認し[完了]ボタンを押します。
補足:この変換時に流れる動画は"Unfold Mode"で選択した"パノラマ"や"リング"で映像が流れますが、YouTube用動画には影響ありません。
2015-12-06 12_29_58-


(4)変換された動画をYouTubeへアップロード

 変換完了後、以下の画面が表示されます。そのままYouTubeにアップロードする場合にはタイトルや公開、非公開などを選択してアップロードしてください。
 あとでアップロードしたい場合は"Cancel"ボタンを押して、通常のYouTube動画と同じようにアップロードしてください
2015-12-06 12_30_42-Upload to YouTube
補足:初めてこの機能を使用する場合にはブラウザに"PIXPRO SP360 YouTube uploaderが次の許可をリクエストしています"の画面が表示されますので"許可"を選択してください。

 アップロード後360度動画で再生できるようになるまで最大1時間程度かかることがあります。それまではパノラマのような状態で表示されます。

アップロードまでに必要な基本作業は以上です。このYouTube360用に出力された動画をさらに編集、加工した場合にはYouTube360度対応メタデータを追加する必要がありますので、360度動画に発生するブラックホールを封じ込める?! - SP360 4Kレビュー(4)をご確認ください。

参考:Facebookへのアップロード
 上記YouTube用に作成したファイルを普通に動画としてアップロードしてください。
 Facebook:360動画をアップロードするにはどうすればよいですか。
 Facebookの360度動画は最大長10分、最大サイズ17.5Gに制限されます


5.補足
(1)スマホアプリの補足
・再生画面
 スマホで動画を再生、スマホへ動画のダウンロード、動画の削除は以下のような操作で行います(詳細はPDFマニュアルをご確認ください)
pdf - Adobe Acrobat Reader DC

・メニュー画面
カメラの解像度、手振れ補正機能、タイムラプス間隔設定、ナイトビュー機能、カメラのメモリのフォーマットなどの設定は以下のようにして行ってください(詳細は省略します)。
pdf - Adobe Acrobat Reader DC

(2)ファームウェアのアップデート
 ファームウェアはサイトからダウンロードし、SDカードに保存後カメラ本体でアップデート作業が必要です。
アップデート手順
(ア)インターネットに接続可能なパソコンに、SDカード(動画を撮影したときのメモリでもいい)を挿入したカメラをUSBケーブルで接続し、カメラの電源を入れます。USBメモリのようにドライブとして認識されたことを確認します。
(イ)ダウンロードサイトから"FIRMWARE Downloads"を選択し、表示されたお持ちの機種の"Download"ボタンを押します。
a

(ウ)"Download"ボタンを押すと保存場所を指定する場面が表示されますので、カメラ内のメモリに保存します。※このとき"DCIM"などのフォルダには入れないでください。
2015-12-06 14_16_18-名前を付けて保存

(エ)ダウンロード後に正常にダウンロードが終わったかダウンロードサイトい書かれているファイルサイズと比較してください。今回は約73GB。【ノーマルSP360】約16.1MB。

補足:さらに確実に確認するにはチェックサムで確認することもできます
例:http://tool.satoru.net/md5/
 jp
 MD5: ※2016/3/26現在ダウンロードしたバージョンの値です
 SP360 4K V1.22:15ee40b4d6b170b92d48233b6e25a359 ※このバージョンからダウンロードファイルがzip形式に変更されていますので正常に解凍できれば問題ないと思います。
 SP360 V1.057ab95b482b32bd23e29c4d1fb1e6ecca


(オ)カメラの電源を切り、USBケーブルを外します。その後、再度カメラの電源を入れます。

(カ)下ボタンを2回押し、下図の"一般設定"の画面が表示されたところでOKボタンを押し、下ボタンを何回か押して”FW Version”の画面が表示されたところでOKボタンを押します
pdf - Adobe Acrobat Reader DC(一般設定画面)pdf - Adobe Acrobat Reader DC(FW Version画面)

【ノーマルSP360】電源を入れたあとWiFi画面が表示されていますので、上ボタンを1回押します。動画撮影画面になりますのであとは上記と同じ方法で作業を進めてください。

(キ)"Update FW New Ver:1.xx [YES][NO]"の画面が表示されたら、下ボタンを押してYESの文字が白地に黒文字になったことを確認してOKボタンを押します。Updating・・・の文字が1分程度表示され電源がオフになります。
 アップデート作業は以上です

 メモリ内にファームウェアファイルがない場合は上記"FW Version"画面でOKボタンを押したあとに現在のバージョンが"FW Version Current Ver:1.xx"のように表示されます。現在のバージョンはスマホアプリ上のメニュー画面でも確認することができます(もちろんカメラとWiFi接続しながら)。


(3)YouTube動画の基本管理
 YouTubeアカウントがまだない方は、Google アカウントを作成するをご確認いただいて作成してください。
・YouTube:動画をアップロードする手順

簡易手順
(ア) youtube画面を表示https://www.youtube.com/
 画面左上のYouTubeマークの左にある”三”マークをクリックし、"マイチャンネル"を選択
2015-12-06 13_21_05-YouTube

(イ)"動画の管理"をクリック
2015-12-06 13_21_14-ネットワークカメラ - YouTube

下の画面が表示されます。基本はこの画面で動画のアップロードや削除、非公開設定などを行います。
友達同士だけに動画を公開する場合には"公開"から”限定公開"に変更してください。友達に動画リンクを教えてあげてください(検索にひっかからないので) 参考YouTube動画のプライバシー設定を変更する
2015-12-06 13_21_32-動画 - YouTube

"アップロード"をクリックした場合には以下のような画面が表示されますので、画面にあるように動画ファイルをドラッグします。
2015-12-06 13_21_55-アップロード - YouTube

アップロード後も各動画の"編集"を選択することでタイトルや説明を追加、変更ができます。
2015-12-06 13_22_18-YouTube


6. 感想など
 外出先で撮影される方へ
 必ず「防護カバー」でレンズから指紋やキズから守ってください。また、防護カバーがゆるく簡単にはずれ紛失、レンズ汚れなどの可能性がありますので「携帯ケース」に入れて持ち運びされることを強くおすすめします。また、普通のカメラと違い、レンズに手が触れやすく映像に指紋が映ってしまうことが非常に多いのでクリーニングクロス等もそのケースにいれておきましょう


以上

by カエレバ
by カエレバ
※SP360で使用可能なメモリは32GBまでですのでご注意ください。SP 360 4Kは128GBまでサポート。
by カエレバ

2月3日更新:標準PCソフトバージョンアップv2.0.1.0にあわせて内容変更、動画追加

 SP360 4Kで撮影してきました。11/27は晴れたのでラウンドモード【上向】を追加しました。11/25は【横向】の曇り雨のパラつきで若干暗めの映像です。
 USBカメラの画質は「USBカメラとしての画質2880×2880を確認する - SP360 4Kレビュー(3)」、全天球用ステッチソフトを使用した場合の画質は(全天球動画)カメラ2台用の標準ステッチソフトを使ってみる - SP360 4Kレビュー(7)をご確認ください。他、「ネットで見つけた映像紹介 - SP360 4Kレビュー(5)」で他の方が撮影された映像をご確認ください。

製品レビュー記事の紹介
 Impress AV Watch:全方位撮影のKodakアクションカムが4Kに?「SP360 4K」を試す(2015/12/9)
  ハイスピード撮影時の映像なども紹介されています。
ただし、「SP360 4K ハイアングルを16:9にマッピング」、「SP360 ローアングルを16:9にマッピング」と「
SP360 4K Roundモードで120fps撮影パノラマモードで展開」として紹介している動画はおそらく筆者が標準ソフトでパノラマなどに変換後にさらにYouTubeの"360 Video Metadata アプリ"で無理矢理360度動画に変換しているので変な360度動画になっちゃってますね・・・。基本的にSP360で360度動画にできるのはラウンドモードで撮影したそのものだけですのでご注意くださいね。手順は「開封から360度動画をアップロードするまで - SP360 4Kレビュー(2)」をご確認ください(そういう間違いをしないように標準提供のソフトではラウンドモードの動画ファイル以外は"YouTube"変換用ロゴが表示されないようになっているのですが・・・)。もし動画を加工したいのならラウンドモードそのものを使ってYouTube360度動画に変換前か、変換後に"360 Video Metadata アプリ"を使ってください。変換後に画像を追加する手順は「360度動画に発生するブラックホールを封じ込める?! - SP360 4Kレビュー(4)」ですこし紹介しています。


 今回は360度動画変換ソフトとして、メーカー標準提供PC用ソフトv2.0.1.0とAutopano Video(トライアル版)さらにAdobe After Effectsの3種類を使ってみました。

 下記で紹介している動画のMP4ファイルをそのまま一部公開します。ご自身のパソコンで実際の画質を確認されたい方はダウンロードしてみてください。
・晴れの日ラウンドモード未加工(2880×2880)の約30秒(190MB)、標準ソフトでYouTube360度用変換後(1920×960)の約30秒(56MB)、Autopano Video変換(3840×2160)の約30秒(80MB)、After Effects変換(2880×1440)の約30秒(140MB)、After Effects変換(3840×1920)の約30秒(144MB)。
曇りの日ラウンドモード未加工(2880×2880)の約30秒(210MB)。2015/11/29追記

1.ラウンドモード4K(360度撮影モード)で撮影SP360 4K用標準PCソフトを使用した場合)
(1)YouTube360度変換 
a.【上向】3840×1920変換 ※パソコンでは解像度を最高(2160pに変更してご覧ください)
 
 V2.00の1920x960およびスマホはこちらをクリック元画像の未加工動画(2880x2800 30fps)はこちら

b.【横向】
3840×1920変換
 
 V2.00の1920x960およびスマホこちらをクリック。元画像の未加工動画(2880x2800 30fps)はこちら

(2)パノラマ変換 
a.【上向】※元映像は(1)aと同じです
 

(3)
seg(2分割)変換 
a.【上向】※元映像は(1)aと同じです
 

(4)
MagicFlat変換
a.【上向】※元映像は(1)aと同じです
 標準ソフトのMagic flat変換で、映像を見ながら左右にふったり、拡大したりしています。Google字幕を追加しましたのでぜひ字幕をオンにしてみてください。
 

b.【横向】※元映像は(1)bと同じです
 中心付近を最大拡大しています。横向きでは左、右方向などが見せられなかったりしますので撮影方向にはご注意を。
 
 1920x1080 29.97fps

(5) Facebookに投稿
 スマホ、タブレットのブラウザ上では表示されません。Facebookアプリ上でご確認ください。そのアプリを起動して動画を表示するリンクの張り方がわかりません。すいません
a.【上向】

Posted by 山口 恭司 on 2015年11月27日
【横向】
SP360 4Kで撮影し標準提供ソフトで変換

変換後は1920x960になっています。標準提供PC用ソフトはV1.0.0.0

Posted by 山口 恭司 on 2015年11月25日

ちなみにAutopanoで作成した4K相当の動画を投稿してみましたがタイムラインに表示されませんのでした。

2.上記で撮影した映像をAdobe After EffectsまたはAutopano Video
で変換した場合
 Adobe After Effects体験版(2880×1440と3840×1920)とAutopano Video Pro V2.2.2トライアル版(3840×2160)で360度動画に変換しました。Autopano Videoはトライアル版なので制限の30秒まで、さらにロゴ(avp)が入ります。。思ったより解像度はかわりませんが解像度が高い分ギザギザ感はかなりなくなります。After Effect(2880×1440)は水平位置をあげる加工?が必要で地面が丸く見えちゃってます。3840×1920はちょっと小さくしてそれらしくしてみました。
 パソコンで見ている方は下記の動画再生後に1440fpsまたは4Kの最高画質を選択し、フル画面でご確認ください

a. 【上向】
・Adobe Affter Effectsで変換 
スマホをお持ちの方はこちらをクリック後"YouTube"で開くを選択
 
 2880x1440 29.97fps 45Mbps。上記映像の長め(約3分)はこちらをクリック

 3840×1920 29.97 45Mbpsを追加(2015/12/21)
 
 After Effectsでの作成方法は、さらに高解像度(3840×1920)の360度動画を作成してみる - SP360 4Kレビュー(6)をご確認ください。

・Autopano Videoで変換 スマホをお持ちの方はこちらをクリック後"YouTube"で開くを選択
 
 3840x2160 29.97fps

(補足)標準ソフトで変換(上記の画質比較用) 3840×1920
 
 V2.00の1920x960およびスマホこちらをクリック

b. 【横向】
・Autopano Videoで変換 スマホをお持ちの方はこちらをクリック後"YouTube"で開くを選択
 
 3840x2160 29.97fps

(補足)標準ソフトで変換(上記の画質比較用 3840×1920
 
 V2.00の1920x960およびスマホこちらをクリック


3.フロントモード(一般撮影モード)

 こちらは変換不要なのでそのままYouTubeへアップロードしたものです。
(1) Front mode 4K 
 
 3840x2160 29.97fps

 ↑はまるでラウンドモードの映像です。普段使い用に4K映像はどの程度広角なのかなぁ~って確認しようと思ったらこの映像でかなりびっくりしました。どう活用すればいいんでしょうか・・・

(2) Front mode FHD 60fps
 
 1920x1080 59.94fps


4.ラウンドモード2台で完全360度(SP360 4KとノーマルSP360の組み合わせ)
 今回の撮影は4Kで前方、ノーマルSP360で後方を同時に撮影しています。Autopanoでとりあえず合成してみました。
(1)まずはノーマルSP360の映像(後方の映像です)  スマホをお持ちの方はこちらをクリック後"YouTube"で開くを選択
 
(2)Autopano Videoで完全360動画(前方SP360 4K、後方ノーマルSP360)  スマホをお持ちの方はこちらをクリック後"YouTube"で開くを選択
 映像の結合部分の処理方法がわかならくてかなりはっきりとつなぎ目が見えちゃってます
 

・JK Imaging提供予定ソフトの場合
(2015/12/23追記)
 (全天球動画)カメラ2台用の標準ステッチソフトを使ってみる - SP360 4Kレビュー(7)をご覧ください。


■感想
 今回はフロントモードの4K撮影した映像がラウンド状態なのに一番驚きました。普通の映像ではないですよね。
 それから、1台用の標準提供ソフトでは現在360度YouTube動画は1920x960ですが、4K相当に変換してくれるソフトの提供は今のところ予定されていないようです(11月25日JK Imaging回答より)2016/2/3にv2.0.1.0にアップデートされ3840×1920に対応しました!(変換時間は実動画時間の3倍程度で済んでいます)。
 それから、今回初めてAutopanoちょっとさわってみましたが楽しそうです。4Kを買ったのにメーカー標準提供ソフトではYouTube360度動画が4K表示されなかったので試してみました。ただし、私のノートパソコン環境では変換に実時間の6~10倍ぐらい時間がかかります。Proじゃないとさらにその10倍ぐらい時間が・・・(デスクトップ用のグラフィックボードでいいのだとある程度早くなるようですよ)。購入にはAutopano Video ProとAutopano Gigaで€698.96(約9万円)

 こうなってくると1台用?標準ソフトで時間かかってもいいから2560×1440ぐらいまで変換解像度を選べるようになるといいのになと思います。全天球ソフトでは3840×1920いけましたしね。バージョンアップで改善を期待しましょ。ってことで2016/2/3のバージョンアップ万歳ですw

 今回の撮影で感じたのは画質全体が向上したのと、画角が広がった分ラウンドモードの上向設置が十分使えると思いました。ノーマルSP360では真上ではなく少し前向きに傾けると後ろの車などはあまり見えませんでしたが、これぐらいの範囲が映るなら私には十分かなと思います
 それからMagic flatの映像もきれいになったのであとから映像の範囲を一部切り出して見せるのに使えるかなと思いました。もうすこし映像移動がスムーズになるとかっこいいんですけどねぇ。マウス操作でカクカクです。Googleの字幕機能を使えば簡単に映像に説明も入れられますね。

撮影補足:今回、ラウンドモード上向設置には下のようにクリップマウントに両面テープと落下防止の紐くっつけて撮影しました。慣れると案外周りの目も気にならない気がしますよ。慣れですよなれ
ヘルメットへ装着

以上
初版 2015年11月25日 随時追記、変更します。
by カエレバ

・2016/2/3に標準提供PCソフトウェアのバージョンアップで、YouTube360度動画出力が従来1920×1080から3840×1920出力可能に機能アップされました。過去に撮影した動画も再度変換し直すといいですよ。
・2016/5/3にAndroidスマホアプリがバージョンアップし、"Googleフォト"へ360度写真「正距円筒図法」でぐりぐり動かせる写真が公開できるようになりました。Googleドライブでは360度写真として見ることができませんでしたので、スマホアプリではGoogleフォト、ブラウザ上では"Googleフォトでご確認ください。

SP360 4Kレビュー記事リンク
 1. 不具合、ファームウェア等の情報はPIXPRO JAPAN ブログfacebook、またはマスプロ電工のトピックスをご確認ください。

製品プロモーション動画

【映像補足 ※Kodak PIXPRO JAPANによると海外(台湾?)のプロモーション動画なので国内とはすこし状況が異なります。
自転車固定時:バーマウント[MTHDBK02]とダブルベースマウント[MTDBBK02](ノーマルSP360用の型番はMTDBBK01です)※フロントモード撮影時(ラウンドモード撮影時は標準ケース[SDH03]を使用)。リモコン[RR-BK01](2月頃発売予定)
室内撮影時:ミニトライポッド[TRPBK02]※カメラ下部で固定する方法はないはずなので、ちょっと不思議。パソコンとUSB接続してWebカメラとしても利用可能です。詳細「USBカメラとしての画質2880×2880を確認する - SP360 4Kレビュー(3)
車ルーフ(屋根):吸着マウント[MTSCBK02]とダブルベースマウント
パーティーシーン:ミニトライポッドとセルフィースティック[MTSSBK02]。2台のカメラ撮影時の全球撮影時のソフトはダウンロード可能になっています。詳細「(全天球動画)カメラ2台用の標準ステッチングソフトを使ってみる - SP360 4Kレビュー(7)」。紙製の360度VRゴーグル※海外発売のSP360 4Kの2台セットパッケージ商品に含まれるもので、国内販売はありません。

YouTube360度動画を見る
・パソコンの場合、Chrome、Opera、Firefox、または Internet Explorer の最新バージョンが必要です。360度動画再生中に映像をマウスでドラッグすると方向を変えられます。
・モバイル端末は最新バージョンの Android または iOS 向け YouTube アプリを使用。ブラウザではなくYouTubeアプリで開く必要があります。スマホをいろんな方向に向けて見てください(指先でスライド(スワイプ)でも方向を変えられます)。※対応していない環境の場合には単なるパノラマ動画のように見えます。
東京ヤクルトスワローズ:【360度動画】キャンプイン スマホをお持ちの方はこちらをクリック後"YouTube"で開くを選択
   
 ※↑こちらは残念ながらバージョンアップ前のソフトを使用しているようで4Kにはなっていません。

 chindustrial:【再撮】日暮里駅のラッシュアワー その1 / Nippori Station Rush Hour Part 1【SP360 4K】
  スマホをお持ちの方はこちらをクリック後"YouTube"で開くを選択

 
 さらにこちらも【SP360 4K】品川・御殿山橋のラッシュアワー / TOKYO SHINAGAWA Rush Hour【VR】(2016/4/27公開)
 電車の動画って不思議とぼーっとながめちゃう動画です。パソコンの方は映像を4Kに設定してお楽しみください。フルHDのディスプレイの方でも4Kにしてくださいねパソコンの負荷はかなり高くなりますが・・・。YouTube360度動画は映像を一部切り出して表示するのでフルHD設定のままだと画質は粗いです。

【360度ライブ配信】
 やってみたらそれっぽくできましたよYouTube360度ライブ配信を試してみる - SP360 4Kレビュー(8)

1. SP360 4K購入について

 SP360 4Kの購入は量販店57,830円(税込)+ポイント還元狙いです


 どこの量販店でも販売価格57,830円から値下げはありませんので、価格COM最安値店舗よりもポイント還元が大きくなるYahoo!ショップや楽天市場のポイントアップキャンペーンなどタイミングを狙ってアクセサリーを含めご購入ください。また、お近くの量販店店頭価格と、下記Yahoo!ショッピングまたは楽天市場で検索して比較しみてください。

by カエレバ

2. 360度動画の画質について
(1)SP360 4Kを2台使用した動画のご紹介 ※パソコンの方は画質を2160sにあげてご確認ください。
Design Studio Beagle


「SP360 4K」 x2をダブルベースマウント(MTDBBK02)を使ってヘルメットに装着
 

・【SP360 4K 2台とGoPro HERO4 6台映像比較】屋外晴天
360Grad-Filme.de:360° Comparison: GoPro VS Kodak SP360 4K Vergleich
 
※こちらはAdobe Premire Pro にMettleのソフトでシャープにしたり加工しているようです。

他に、(全天球動画)カメラ2台用の標準ステッチソフトを使ってみる - SP360 4Kレビュー(7)でソフトを紹介しています。また1台で撮影された映像はネットで見つけた映像紹介 - SP360 4Kレビュー(5)を参考にしてください。

(2)ハコスコ
動画
  yanosen_jpSP360, SP360 4K, Theta Sの360度動画撮影を比較してみた。」(Qiita)より動画部分を一部ご紹介します。さらに、動画部分を一部切り出した画質比較は上記の記事リンクをクリックしてください
 下記の動画は上記記事から画質を比較するために並べていますが重くなってすいません。それぞれの画角(黒い部分の範囲)の違いと画質が確認できると思います。スマホ、タブレットの場合は3画面同時にその方向に向きますのでできるだけフリックで方向変えないように全ての動画を再生後、一時停止にしてご確認ください。その際、普通にスマホを持ってるとSP360の画面はまっくらですのでまずはスマホを立てるように持ってください
 それから、YouTubeと違って拡大やリトルプラネットのような楽しみ方ができますよ。それぞれの映像右下のアイコンをクリックなどしてください

・上からSP360、SP360 4K、THETA S
 一時停止した状態でも
映像処理が重すぎてカクカク状態の方はSP360SP360 4KTHETA Sのリンクでそれぞれ確認してください




3. SP360 4K紹介記事など
・Impress AV Watch:全方位撮影のKodakアクションカムが4Kに?「SP360 4K」を試す(2015/12/9)
・Impress AV Watch:Kodak、4K対応の360度アクションカム「SP360 4K」。2台で全天球動画も
・ascii.jp:4K画質で360度撮影ができるアクションカメラ「Kodak PIXPRO SP360 4K」が登場
・マスプロ電工:新製品情報4K(800万画素)360°アクションカメラを新発売! 
 現行SP360も下位モデルとして継続販売されています。
 マスプロ電工:SP360 4K(製品紹介サイト)、カタログ(PDFJPEG)

4. 製品構成について
■SP360 4Kパッケージ

■オプション製品
 バーマウント[MTHDBK02]吸着マウント[MTSCBK02]およびヘッドマウント[MTHSBK02]には標準ケース[SDH03](又は防水ケース)が必要ですのでお忘れなく!※ノーマルSP360用とSP360 4Kではアクセサリーは共用だったりその機種専用になっていますので商品名とアクセサリー一覧サイトでどちらで使用可能かご確認を!

・ダブルベースマウント
 ノーマルSP360用(MTDBBK01)とSP360 4K用(MTDBBK02)でそれぞれ製品が異なりますのでご注意ください。また、専用ソフトウェアは12月23日に公開されています。
●SP360 4K用
by カエレバ
by カエレバ
●ノーマルSP360用
by カエレバ
SP360 4K用オプション 
・平面用装着マウント:2016年2月頃(価格不明)
・L型ヘルメットマウント:2016年2月頃(価格不明)
リモコン(RR-BK01) 
 防水。液晶パネルなし。撮影モード切替スイッチ、録画開始・停止ボタン、フロント/グローバル切替スイッチ、ステータスLEDなど。シグナルテストボタンでカメラの電源オン、オフ操作が可能だが、カメラがオフになってから6時間をすぎるとオンオフ操作はできなくなる。コイン電池(CR2450)駆動で約27g
※WiFi(スマホ)などと同時利用不可。カメラ複数台コントロール可(ちなみにSP360 4KとスマホまたはパソコンのWiFi接続時は1対1のみでリモコンのように複数台同時コントロールは不可)。
by カエレバ
5. 製品詳細
 日本語マニュアル日本語マニュアル(PDF)

上記マニュアルを見て私が思うSP360からの変更点は
・4K対応、画角235度に拡大
・タイムラプス動画およびハイスピード撮影(120fps)動画モードの追加
・パソコンにつないでリアルタイム配信可
(USBカメラとしての画質確認はこちら
・別売のリモコン、2台同時撮影用のマウントは日本でも発売される

でしょうか。以下はマニュアルから一部抜粋しました。
・イメージセンサー:1240万画素(有効画素数) 1/2.3”型CMOS
・画角:235度(レンズカバーなし、電子手ぶれ補正OFF時)
・動画 MP4
 ラウンド(1:1):2880 x 2880 30fps、1440 x 1440 60fps
 フロント(16:9):3840 x 2160 30fps(※画質を見てもらうとわかりますが、実際には2,3割ぐらい映っていません、1920 x 1080 60fps
・静止画 Exif2.3(JPEG)
 ラウンド(1:1)8M:2880 x 2880 
 フロント(16:9)2M:1920 x 1080
マニュアル読んでの感想
P16 エンドレス録画モード
 2分毎にファイルが分割される。直近の約60分間まで保持される(撮影中に撮影60分後の動画ファイルは自動削除される)。撮影開始後24時間で自動停止
 USB給電時の自動録画開始停止の機能はなさそうでした。エンドレスモード状態で電源をオフにし、電源ボタンでオンにするとエンドレスモードで起動します(録画は開始しない。2015/11/24 確認)
 カメラが電源オフ状態でもリモコンの録画ボタンでカメラを起動、録画開始は可能だが、カメラがオフの状態が6時間過ぎるとリモコン操作は無効になる(P33より)

P16 タイムラプス動画モード
 動画まで作成してくれるのですぐに確認できるのでいいかもしれませんね。音声記録なし、電子手ぶれ補正(EIS)不可。

P17 ハイスピード録画モード
 1280×720: 120fps、848×480: 240fps、720×720: 120fpsで撮影した動画を30fps速度のファイルに変換して撮影するモード。音声記録なし、電子手ぶれ補正(EIS)不可。

P22 利用可能なメモリと記録可能な時間
メモリ128GBまでサポート
 クラス10以上。8G~128GBまで。4K撮影時にはメモリはU3が必要とかそのような記載は見当たらず。4GBまたは30分毎に別ファイルになる。タイムラプス動画は72時間で別ファイルになる。
・使用するメモリで録画可能な時間の目安は、128GB使用時はラウンドモード(2880x2800 30fps)とフロントモード(4K 30fps)どちらとも最大3時間56分。フロントモードのFHD 60fpsで約11時間、FHD 30fpsで約19時間43分
・電池は3840x2160 30fps、WiFiオンの状態で約55分間録画可(P43より)
 ただし、室内や車内のようなカメラに風が当たらない場所だと、4K撮影ではカメラが高温になり自動オフになります。私の環境(室内20度)では約40分程度でオフになりました。
(1回の撮影可能時間の修正)設置方法で撮影可能時間が異なりました(高温保護機能による停止時間)
条件:室内20度程度の風がない場所。4Kラウンドモード、WiFi OFF、内蔵バッテリーによる給電
(1)上向きで机の上にそのまま置いた状態 1回目:45分1秒 2回目:38分40秒 3回目:46分1秒
(2)三脚ネジで地面から離れた状態で固定 1回目:1時間11分35秒 2回目:1時間5分 3回目:1時間9分23秒
(3) (2)の状態でバッテリなしUSB給電 4時間34分22秒(128GBメモリフルで停止)
 なるべくカメラの表面が空気に触れるような状態で設置固定するのが望ましいようです。
ファイルは約4GB(約9分20秒)に分かれます。ちなみに高温停止時の動作は「ピーッピーッピーッ」で録画停止してすぐに液晶画面に温度計アイコンが表示されつつ「ピピピ」で電源オフ。(2015/12/5追記)

P23 画角設定 ※ファームウェア1.21より対応
 ただし、フロントモード撮影かつFHD(1920x1080),HD,WGFA60)のみ利用可。4Kフロント録画、ハイスピード録画、スナップショットモードでは利用不可。206度、173度、150度から選べる。

P25 「夜景」撮影モードのオン、オフ
 動画、ループ撮影時のみ有効(写真、連写、高速動画、タイムラプス動画は不可)
 アクションカムでは星空はまずきれいにとれませんが(レンズちっさいし)、ちょっとは見えやすくなるのかも。
 レンズの開放F値はF2.8、撮影範囲は50cm~∞(P41より)

P27 USB接続モード(Webカメラ)
 撮影した映像は「USBカメラとしての画質2880×2880を確認する - SP360 4Kレビュー(3)」をご確認ください。
 「ビデオチャット(スカイプ)カメラとして使用する場合・・・」とありましたので、パソコンに接続してリアルタイム発信が可能になったようです。ラウンド(360度)モードで好きな場所を見る側がリアルタイムに自由変えられて音声のやりとりも可能になると現場にいる感覚lになれるので楽しそうですが、現在そのような再生環境はないはず。Webページの画像をみるとラウンドモード(360°撮影モード)の映像を切り出して配信は可能のようです。
SP360 4K Viceo Capture Filter
ただし
、「ウェブカメラ使用中は電池を消耗します。あらかじめ満充電された電池でご使用ください」とあるので給電はしてくれないんだろうか・・・電池が入っていればOKだといいんだけど。
(下記説明を見ると大丈夫そうです)

P34 外部電源の使用
 「バッテリーの残量が少ない時、または長時間の電源供給が必要な場合、外部電源(AC アダプター、車載用電源、モバイルバッテリー又はほかの電源)を使用することができます。外部電源を接続中も、通常と同じ操作が可能です。」「外付け電源供給を使用する際はカメラにバッテリーを入れて下さい。」(※2015/11/24 テストではバッテリーがなくても電源オン、録画は可能でした。ただし、充電専用のUSBケーブルをご利用ください)、P11に「カメラが起動しているときは充電されません。」と記載されています。
 USBケーブルで給電しながら撮影は可能だが、撮影しながらの充電は不可(OFF状態で充電)ということで問題なさそうです。

P41 仕様 画角:235度(レンズカバーなし、EIS off時)
 235度だが”レンズカバーなし”とあるので基本的にはレンズリング装着での撮影になりそうです。レンズリングまたは(透明の)レンズカバーを装着した状態でゴム製の「防護カバー」は装着可能です。

P42 仕様 電池 LB-080
 変更ありませんでした。現在、SP360をお持ちの方も電池を活用できます。

■アプリ、ファームウェア
 アプリ、マニュアルはダウンロードサイトで確認できます。
(1)スマホ、タブレット用アプリ
・Android用のSP360 4Kアプリ 「PIXPRO SP360 4K
・iOS用 「PIXPRO SP360 4K
 
 ちなみに、このアプリをノーマルSP360に接続しようするとAndroidの場合「問題が発生したため・・・」で強制終了、iOSの場合一応接続できましたが映像が映らず、新たな解像度設定項目なども発見できませんでした。また動画再生しようとすると「接続に失敗しました」と表示されます。

(2)パソコン用アプリ(YouTube360度動画作成など)
 PC用アプリv2.0.1.0、カメラ2台用のSTITCHソフトBETA1.0.2.0
と取扱説明書も公開されています

(3)ファームウェア
 V1.21が公開されています
(2015/11/31にダウンロード可能を確認しました)

Facebookでも360度可能
 Kodak PIXPRO
 Facebookでも普通に360度動画公開できるようになってたんですね。(1)と同じ動画ファイルを普通に投稿するだけでいけましたよ


(参考)ノーマルSP360で撮影した動画を4K用に提供されたソフトで変換してみる(2015/11/21追記)
 上記のYouTube動画への変換結果から、もしかしてノーマルSP360でも4K用アプリを使えば前よりきれいになるんじゃないかと。そこで過去にノーマルSP360で撮影した動画(1440x1440)を4K用PCアプリでYouTube360動画に変換してみました。
(1)ノーマルSP360で撮影した映像をSP360用V2.00 BETA3で変換 スマホをお持ちの方はこちらをクリック後"YouTube"で開くを選択
  

(2)SP360で撮影した映像を4K用V1.0.0.0で変換 スマホをお持ちの方はこちらをクリック後"YouTube"で開くを選択
  

どちらも1920x960に変換されますが縦方向の解像度が50ドット以上増えています(約1割アップ)。下記はその動画を切り出したものです。
・SP360用アプリの場合(映像部分1920x571)
 MP4 - VLCメディアプレイヤー
・SP360用4Kアプリの場合(映像部分1920x627)
 MP4 - VLCメディアプレイヤー
 ガスタンクの丸がより丸くなって自然な感じに見えますよね(前の映像はちょっとつぶれた感じ)。ただし、レンズの特性(機種)に合わせて映像が変換されていると思いますので映っている位置によっては他の場所がつぶれているように見えたりするかもしれません(このサンプル映像では空の状態がよくわかりません)。ノーマルSP360お持ちの方は4K用アプリもぜひ試してみてください。235度用の変換で映像が縦に伸びただけだと思います・・・。


6. ちょっと気になるRICOH THETA S

 写真なら絶対THETA Sを買うべきです。動画に関してはスマホアプリだけで動画をFacebookなどに投稿できるという、簡単お手軽でうらやましい機能もりだくさんのようですが、動画の画質が・・・。スマホで見る分には画面が小さいのですぐに友達に見せたいという使い方なら楽しく使えそうですよね。あと形状的にアクションカメラとしては使えないので、ヘルメット、バイクや車への取り付けは風の抵抗や周りの目が非常に気になる私にはちょっと無理です。
 それよりも気になるさらに次世代THETA 2.1K30fps
engadget日本語版新THETA 実験機公開。『桁違いの計算能力』で全天球映像のライブ出力を実現。ニコニコ超パーティーで試験導入
(一部抜粋)「全天球映像のリアルタイム出力を実現。出力映像は2.1Kの30fpsとなっています。」と、次機種としておそらく登場するであろう2016年末が楽しみとなりました。高さを低くして動画撮影にも向いた形状にしてくれれば買う!
 RICOHの方がこの実験機について書いてる投稿がありましたのでご紹介
  キミに伝えたいことが ~魔改造 あぁ魔改造 魔改造 改題

紹介記事
・Impress デジカメWatch:360度カメラのハイスペック版「RICOH THETA S」 2015/9/4
・Impress AV Watch:360度カメラとしての完成形!? 長時間録画も可能になった人気爆発「THETA S 2015/10/28
・Impress デジカメ Watch:「RICOH THETA S」アプリが“VRビュー”に対応 2015/11/17
・Impress デジカメ Watch:「RICOH THETA S」アプリが動画トリムに対応 2015/11/30
・Impress デジカメ Watch:RICOH THETA用の動画編集アプリが公開 2015/12/22
インプレスさんはTHETA S押しですね。って本も売ってますから。でもソフトは上記のImpress記事のようにどんどん新しくなりますからネットで調べましょ。
by カエレバ

(参考)RICOH THETA S紹介動画
pentaxplus:RICOH THETA S PROMOTION MOVIE
 

(参考)RICOH THETA S動画
Ricoh Imaging:Theta S and Drone
 

PCMag:Ricoh Theta S - Sample Footage
 


7. 感想

 Nikonが360°撮影可能なカメラKeyMission 360を1/6発表しました(今年春発売予定2016年10月予定に変更)。とりあえず360°カメラと発売のうわさ?にまとめときますのでそちらの動向も気になります。

 SP360はこれからも値下げは期待できない!?
上記インプレスの記事によると販売ルートがSP360の時と同様に限定されています。そのためSP360と同様に販売から1年すぎても10~20%程度の値下げ程度となりそうで、ほとんど期待できません(SP360の場合、量販店は10%止まり(ポイント還元含む)でまったく価格が下がらない(それにPCボンバーのような店にはほとんど流れずそれでも20%程度まで)。量販店のポイント還元やYahooショップでのTポイント還元ぐらいしかないので、値下げは期待せず欲しいとき(使いたいとき)にさっさと購入しましょう
 ※Nikonの価格発表次第では価格を下げてくるかもしれませんが・・・

 それからメモリは店頭か大手通販(返品受け付けてくれるところで)でご購入くださいね。オークションはかなりパッケージも本物とそっくりな偽装品が多く、購入するのはかなり危険です。私も半年前に試しに落札してみたらやっぱり容量偽装+書込速度が遅いもので「あなたの環境と相性が悪いだけ」で返品不可でした。それよりも、64GB 2,000円、128GBでもAmazonで6000円程度で購入できるようですので冒険は避けましょう。

以上
2015/9/6 初版 で順次更新します

by カエレバ
by カエレバ
※SP360で使用可能なメモリは32GBまでですのでご注意ください。SP 360 4Kは128GBまでサポート。
by カエレバ

2016/2/2 販売開始確認

SP360を2個つなげて完全な360度撮影可能な純正オプション発売中

 ダブルベースマウントにSP360 4KまたはノーマルSP360を2台装着して撮影し、専用ソフトウェアで編集することで水平、垂直両方向360°の全天球動画を撮影できます。 専用ソフトウェアはすでに提供開始されています。詳細は(全天球動画)カメラ2台用の標準ステッチングソフトを使ってみる - SP360 4Kレビュー(7)をご確認ください。

 このダブルベースマウントはノーマルSP360とSP360 4Kで型番が異なりますので、購入の際にはご注意ください。
●SP360 4K用
by カエレバ
●ノーマルSP360用
by カエレバ
海外(香港?)で販売しているSP360 4K 2個セット商品SP360 4K - Dual PRO Packのプロモーションビデオがありましたのでご紹介(2016/1/14)
KODAK PIXPRO SP360:Wonderful Day with PIXPRO SP360 4K


映像内にリモコンやダブルベースマウントが映っています。今までのプロモーションと違ってかなり明るいイメージになってますね

KODAK PIXPRO SP360:How to Use Remote Control for Dual SP360 4K


Kodak PIXPRO SP360:"Double Base Mount" + "Selfie" for YouTube 360° movies (Dual)


このアクセサリーはSP360を1台で利用する場合は、”大名行列提灯持ち”が可能なアクセサリー(上や下方向撮影用)として使えます。
Kodak PIXPRO SP360"Double Base Mount" + "Selfie" for YouTube 360° movies (Single)


KENFL74:Kodak Pixpro SP360 4K | Dual Camera Base Mount


SP360を2台使った動画があったので紹介。これもファッションの一部なのかと思う?ヘルメットをどうかしないとねぇ

上記の写真などで紹介したものがこちら

■感想
 「もう1台買いなさい」ってことですよ(笑)

以上

by カエレバ
by カエレバ

↑このページのトップヘ