YAAAM

備忘録と自宅用の機器購入・検証などなど
ご質問、リンクもご自由に。

カテゴリ: ドローン

実際にプログラムテスト飛行されていた方がいたのでご紹介



Tello紹介動画のような滑らかにかつ複数台で向きを変えながら移動することができるのか、下のコマンドを見た限りではスクラッチでできるのかちょっと不明・・・。

条件:
・WiFi接続可能なパソコン(WindowsまたはMac)が必要。1台のパソコンで複数のTelloは制御できないと思われる(Telloがホスト親機)。
・プログラム制御するためのオフライン用のスクラッチが必要
 ※飛行時はTelloとパソコンをWiFi直接接続してリアルタイムにコントロールする必要がある。そのためスマホ(手動)とプログラムの同時接続は不可。

プログラム操作可能なもの
・離陸、着陸
・上下左右
・右回転、左回転
・速度指定

※カメラ操作(写真撮影など)や入力情報(カメラ映像や高度やモーター回転数などセンサー情報、手動のスティック操作など)は得られない。プログラムはパソコン直結が必要で、メモリなどに記憶して飛行はできないようです。

それでは実際に制御してみましょう。
手順はRyzeサイトのDOWNLOADのScratch READMEにあったものです。
そのPDFの内容です。
ここから-------------
1. Visit https://scratch.mit.edu/download and follow the instructions
to install the Scratch 2.0 Offline Editor.
2. Download and install node.js from https://nodejs.org/en/.
3. Download Tello.js and Tello.s2e from
https://dl-cdn.ryzerobotics.com/downloads/tello/20180222/Scratch.zip, open
the terminal, go to the file directory where you saved the previous files,
and type "node Tello.js"
4. Open Scratch 2.0, hold the “Shift” key, click the “File” menu, click
"Import Experimental HTTP Extension," and select "Tello.s2e" file in
the file directory.
5. The Tello interface will be shown in Scratch under "More Blocks.
ここまで------------
上記の内容を忠実?に、私が実際に行った手順が以下の内容です。

1. https://scratch.mit.edu/downloadにアクセスし、手順に従います
 Scratch 2.0 オフラインエディター
S1

 画面に表示されているようにAdobe AIRをインストールし、次にScratch オフラインエディターをインストールします。
  (1)Adobe AIRのインストール
 ※私のPCはWindwos10なので以降はWindowsの場合を説明します。
 上記画面でダウンロードをクリックすると下記画面が表示されます。
 2018-02-28 13_53_43-Adobe - Adobe AIR ‎- Microsoft Edge

 2018-02-28 13_58_16-Adobe - Adobe AIR ‎- Microsoft Edge

 2018-02-28 13_58_48-Adobe AIR 設定

  (2)Scratchオフラインエディタのインストール
 最初の画面で各OS毎のScratchオフラインエディタのダウンロードリンクをクリックします。
 しばらくすると下記の画面が表示されるので[実行]をクリックします。しばらくダンロード
 S2

 ダウンロードが終わると下画面が表示されるので[インストール]をクリック。
 S3

 [続行]をクリック
 S4

 「このアプリがデバイスに変更することを許可しますか?」の画面で[はい]をクリック
 しばらくするとオフラインエディタが起動します。
 S5

2. https://nodejs.org/ja/からnode.jsをダウンロードしてインストールします。
私が確認したときは8.9.4でしたが3/30時点で8.11.1でした。
 js ‎- Microsoft Edge

 js Setup

 下画面で「I Accept the・・・」にチェックして[Next]
 js Setup

 [Next]
 js Setup

 [Next]
 js Setup

 [Install]
 js Setup

 「このアプリがデバイスに変更することを許可しますか?」画面で[はい]
 しばらくインストール画面が表示されます。
 js Setup



3. Tello.jsとTello.s2eをダウンロードし実行します。
https://dl-cdn.ryzerobotics.com/downloads/tello/20180222/Scratch.zip
ダウンロード後zipファイルを解凍します。※最新版が公開されるかもしれませんのでDOWNLOADサイトからScrach READMEのPDFを見てファイル名などを確認してください。
 コマンドプロンプトを表示し、解凍したフォルダに移動し、
 node  Tello.js
 と入力しEnterキーを押します。tello.jsでもいいです。
 ※4/1修正。当初"notTellojs"と1文字スペルミスを修正。ご指摘ありがとうござます

以下のような画面が表示されます。
※パソコンをログオフしたり再起動したあとには再度このnodeコマンドを実行します。
 js

 2018/5/9補足追記 ここから--------------------------------------
 上記画面でコマンドを入力した際、
  ●「'note' は、内部コマンドまたは外部コマンド、操作可能なプログラムまたはバッチ ファイルとして認識されていません。」と表示された場合
 と表示された場合、ほぼ私がミスしたのと同じnodeの4文字 node(ノード)のスペルミスだと思われます。node 半角スペース tello.jsとスペースを開けることも忘れず。

 ●以下のようにtello.jsが見つからないと表示される場合
  module.js:540
      throw err;
      ^

  Error: Cannot find module 'C:\Users\gtune2014\tello.js'
  ・
  ・
  この場合はnodeコマンドを実行した際にTello.jsファイルのあるフォルダで実行していないことが考えられます。以下に念のために手順を再確認。操作手順ははいろいろありますので参考までに。
  (1). 解凍したTello.jsのあるフォルダに移動
   エクスプローラからダウンロードし解凍したScrachフォルダを開きます。下図のようにTello.jsファイルが見える状態になったところで赤枠で囲んだ場所に"cmd"と打ち込んでEnterしてください。
 2018-05-09 11_01_59-Scratch

 exe

 ご注意:このときエクスプローラーに下図の枠のような”展開”などの文字があるときはまだ解凍されていないファイルを開いていますので”すべて展開”を押して、解凍してください。"
 2018-05-09 11_11_00-Scratch

 そして、Tello.jsファイルが探せないときは下図のようにエクスプローラーの検索で"tello.js"と入力しEnter。表示されたTello.jsファイルを右クリックし"ファイルの場所を開く"を選ぶと上記(1)の画面になります。
 2018-05-09 11_39_15-画面キャプチャー


 (3).コマンドプロンプトが表示されたら、この画面で
 node tello.js
 と打ち込んでEnter
 
 2018/5/9補足追記 ここまで--------------------------------------


4. Scratch 2 オフラインエディタは日本語にもできますので、地球儀マークをクリックして"日本語”を選択します。
 
5. 次にShift"キーを押しながら "ファイルメニューをクリックして、一番下に表示されるようになった"実験的なHTTP拡張を読み込み(import experimental HTTP extension)"を選択し、 "Tello.s2e"ファイルを開きます。ちなみに"TelloChs.s2e"を開くと中国語の
ファイルディレクトリ。
 2018-02-28 17_30_42-Scratch 2 Offline Editor

 swf でアップロードするファイルを選択します

6. Telloインターフェースはスクラッチの「その他(More Blocks)」に表示されます。
 2018-02-28 17_34_54-Scratch 2 Offline Editor

take off
land
fly up with distance(20)
fly down with distance(20)
fly left with distance(20)
fly right with distance(20)
fly forward with distance(20)
fly back with distance(20)
rotate CW with angle(90)
rotate CCW with angle(90)
flip with duration[f]
set speed(80)

ちなみにこの状態でパソコンからTelloにWiFi接続後(パスワードなし)、それぞれをクリックするとすぐ実行されます。
とりあえずここまで。各コマンドの数値などはまだ不明です。

Telloは電源を入れているだけですぐ熱くなり、電源ONから1分程度でOFFになっていることがあります。その場合はバッテリーを抜いてしばらく放置、熱が逃げやすい場所で行ないましょう。私は試行錯誤する際にとてもイライラ苦労しました。

また、予期せぬ動きでどっかにぶつかったり逃げ出さないように、狭い場所か紐などを結んでおくと安全かも。それから、強制終了方法も検討しましょう。スクラッチを終了するか、DOS窓を閉じるか、WiFi切ったら最後の命令後Telloはその場所に留まるかな?お子様と一緒に実行される方は最初に安全対策をいくつか実際に試してうまくいくか確認しましょう。

2018/4/14追記:GameSir T1d Controller 3,800円(iOS7.0以上, Android 4.0以上 )がDJI Storeで販売予定されているようです。今のところAndroid用はこのゲームパッドのみのようです。
---------------
Telloで実際に使用できるゲームパッドを探していたところ、GameSir社の製品でもできないらしいという情報が・・・

Amazon.comのレビューに気になる情報が記入されていました。
https://www.amazon.com/product-reviews/B078YLX1XJ
一部抜粋
Google翻訳:GameSir T1は互換性があり、Ryze&DJIサイトの製品ビデオと一緒に使用されていると記載されていますが、Ryzeサポートの最初のメールレスポンスはTelloと連携していると私はRyzeのサポートからフォローアップを受けましたGameSir T1はTelloと実際には連携せず、近い将来サポートされません GameSir T1Dだけが互換性があり、リリースされていません(また、リリース予定日もありません)。だからAndroidの携帯電話を持っていて、あなたのTelloで使用するGameSir T1を購入する予定がある場合は、動作しないのでしないでください。 Amazonは私のコントローラのリターンを受け入れているので、大したことではない。それでも素晴らしい小さな無人機 - 電話画面のコントロールに慣れなければならない。
原文:Despite the GameSir T1s being listed as compatible and shown in use with the product videos on the Ryze & DJI sites as well as Ryze support's initial email response saying it WILL work with the Tello, I've received a follow-up from Ryze support saying the GameSir T1s actually will NOT work with the Tello and will NOT be supported in the foreseeable future. Only the GameSir T1D is compatible - and it hasn't been released (nor is there a date for its scheduled release). So, if you've got an Android phone and plan to buy a GameSir T1s to use with your Tello, don't because it won't work. Amazon is accepting the return for my controller, so not a big deal. Still a great little drone - just have to get used to the phone screen controls.

そこで素直?にメーカーに問い合わせてみたところ以下の回答をいただきました(一部抜粋)---
Telloとの互換性が確認されている送信機は下記となっております。

①Game Sir社によりTello専用にカスタマイズされた送信機未発売/推奨デバイス
②Gameviceコントローラー:推奨デバイス
③SteelSeries Nimbusワイヤレスゲームコントローラ:非推奨/注意点あり
④Apple MFi認証を持ったBluetooth送信機:非推奨/注意点あり

>①Game Sir社によりTello専用にカスタマイズされた送信機未発売/推奨デバイス
※こちらは現在未販売、販売開始時期未定となります。
※接続方法:Bluetoothでの接続

>②Gameviceコントローラー:推奨デバイス(DJI公式サイト上で購入可能)
接続方法:Lightningポート経由での有線接続

>③SteelSeries Nimbusワイヤレスゲームコントローラ:推奨/注意点あり
DJIストア(予定)またはAppleストア上で販売。
接続方法:Bluetoothでの接続
※注意点※
こちらの送信機との互換性も確認されておりますが、
Bluetoothによりスマホとの接続を行う為、 映像転送シグナルへの干渉が発生し、
映像転送の遅延が発生しやすくなってしまう場合がございます

>④Apple MFi認証を持ったBluetooth送信機:推奨/注意点あり
※Apple MFi認証を有している送信機に関しまして、Apple“正規”のMFi認証を有している場合は使用可能となります。
(一部非正規のMFiを有している送信機が存在している)

※注意点※
他社製のMFI認証取得済みの送信機に関して、互換性自体はありますが推奨デバイスではない為、
動作上の不具合/映像転送遅延等が発生する可能性があります。

(回答ここまで)---

この動画を見ると動作しているように見えたのですが、何を言ってるかわからないのですが・・・。

動画内のGameSirのLEDランプが"Windows"モード?になっているのが謎です。何か裏技があるのかもしれません。私はT1sを買って試してみたのですがやっぱりダメだろうと判断して中古として売りました。

Androidスマホで利用できるのはまだ先になりそうです・・・
Ryze社にはもう少しわかりやすく対応するゲームパッドを書いてほしかった・・・

Gamesir T1で操作できたという報告も出てきましたが販売している会社では対応していない明確にしているところもあるので、Androidバージョンなのか物によっては接続できるようです。
ガジェット通信:「TelloをAndroidスマホとGamesir T1ゲームコントローラーで飛ばす!」(2018/4/18)

以上

ガジェット通信「完全自動操縦のドローン「R1」はコンピュータービジョンで徹底追尾!(2018/2/14)
で紹介されていたドローンで自動追尾して撮影された動画がYouTubeで公開されていましたのでいくつか紹介。

とにかくよけまくりです。感動します。
スキー:林の中をと通り抜けます


獣道をジョギング:この動画はおそらく前方からの撮影モードになっていると思うのですが追跡対象が方向転換したときに、後ろからついていってどうにか前方に行こうとしているのがわかります。


すでに入手されていた方がいたのでご紹介
 

キャンパス内歩き

前にまわりこんだりしていろんな角度から撮影してくれるし、これが自動追尾なんてもう感動です。他にYouTubeでSkydio1週間以内に公開された動画で検索するといろいろ見つかります。

こちらの動画では追尾対象を見失ったり細い小枝にぶつかっているのが確認できますが、それでも十分のように思えます。

2台のSkydio R1で追尾している動画。ドローンの動きが確認できます。

さらにこちらは4台のカメラ4分割映像ありで1台が最後の方に追跡対象物を間違えているのがわかります。4分割映像左下ドローンの映像のみの動画。どの機体で撮影した映像がいいか選べる贅沢さがありますねぇ。

紹介動画:バイク追尾

解説動画


追尾モード説明動画
JOYSTICKS MODE:手動操作
LEAD MODE:前方(正面)追尾
FOLOW MODE:後方追尾
SIDE MODE:サイド方向追尾
TRIPOD MODE:三脚固定、追尾
ORBIT MODE:周回追尾



製品開封から飛行までの説明動画

さて、欲しくなったでしょ?
https://www.skydio.com/product/
$2,499 Skydio R1

わお
ただし、FAQに「現在、米国とカナダのみ出荷していますが、間もなく他の国にも展開する予定です」とあるので、現時点では日本で通常の方法で入手することはできないようです。


仕様概要:
12台のビジョンセンサーにNVIDIA Jetson TX1を搭載

サイズ 33x41x4cm、重量1kg最高速度40km/h飛行時間16分(リチウムポリマー電池。標準で2個のバッテリが含まれます。追加バッテリーは$149)、4K/30fps,1080p/30or60fps、64GBオンボードメモリ※拡張不可2軸ジンバル(ピッチ:50度~105度、ロール+35度~-35度)、視野角150度、ライブストリーム720p/15fps(WiFi90m以内※スマホとの接続状態による)。非防水。
・iOS Skydioアプリ Skydio - Skydio, Inc.

SKYDIO紹介記事
 AMW.jp:SkydioがR1ドローン公開 !自動で障害物回避ができる自律飛行型ドローン(2018/2/15)
 AMP:ゲームチェンジャーとなるか、米スタートアップ「SKYDIO」の人工知能ドローン(2017/10/28)
 engadget:The Skydio R1 might be the smartest consumer drone in the sky(2018/2/13)

自立飛行についてオンラインで学びたい方はUdacityを検討してみては?

Learn more about the Flying Car Nanodegree program: http://bit.ly/2EJG298

Skydio R1についての感想:
 WiFi接続なので手動で遠くに飛ばす楽しさはありませんが、とことん空撮自撮りを自動化したい人に最適です。機体重量は200g超えるので規制は受けますが・・・。また、上記の英語記事によると水面上の飛行はできないようです(30フィート以上の水域では反射した映像で空洞だと思うのかつっこむ恐れがあるようです)。GPSもなく映像だけで自動飛行しているので薄暗い場所、夜間や霧の中は飛行不可、細いロープ、電線は検知できない。風速5.3m/s以下で飛行する必要があります。機能として映像で使用する音はスマホアプリ(スマホのマイク)で録音した音を使用できるようです。

有名なYoutuberが紹介してました。実際の飛行は4:40~
 
以上

DJIから新しいドローンMavic Airが今日2018年1月24日0時に発表されました。

Mavic Air紹介動画



ASCII.jp:空撮マニア待望の超スゴい新型ドローン「Mavic Air」日本上陸 2018年1月27日

ユーザーレビュー、開封動画、比較動画も同時に公開されました。


Spark,Mavic Pro,Mavic Air比較


国内でも楽しんでらっしゃる方がいましたのでご紹介
<tooru417:DJI MAVIC AIR MAIDEN FLIGHT>


価格情報
 今のところ在庫は比較的豊富にありそうです。ただし、レッドDJI Store直販楽天公式ストアAmazon DJI Storeみ販売しています。個人的には機体に個性をだすためにスキンシール、キズ防止カッティングシートを貼る予定ならブラックをおすすめします(シールの隙間から白や赤が見えるとちょっと雑に見えるかも。赤が届いてから気づいてしまった私)。
 DJI Sparkを国内で購入したもの(並行輸入品など除く)はすべてにDJI無料付帯保険(第三者への損害保険。この保険は機体自体の保険紛失は適用外!)ではない)がついています。ただし、手続きをしないと保険適用されませんのでお忘れなく。

DJI Storeで104,00円 ※2/27現在ホワイト、レッドは1~2日で発送、ブラック10~15日営業日。2/4 すべて7~10営業日発送。
 Fly More コンボは129,000円で2/27現在ホワイト1日、ブラック10~15日、レッド15~20日。2/4 ブラック1~2営業日、ホワイト3~5、レッド7~10日発送です。

DJI公式ストア楽天市場店
 104,000円 2/27現在ホワイト3、レッド3在庫あり。ブラックなし。 2/4でホワイト3、他在庫なし。1/31現在ホワイト5、ブラック2在庫あり1/29現在ホワイト6、ブラック3在庫ホワイト15個、ブラック15個、レッドなし※1/24 AM4:00時点
 FLY MORE コンボ 129,000円2/27現在ホワイト、ブラック在庫あり。レッド庫なし。2/4で2月5日ブラック、2月8日ホワイト発送予定。

- その他 Amazon,Yahoo!, 楽天の最新価格は以下をご確認ください。
- ヨドバシ 他の販売会社よりかなり高めの設定になってます・・・
 115,550円(10%還元)ホワイト(2/27現在在庫0、2/4 23時在庫4店舗。1/29 23時在庫あり12店舗ブラック(2/27現在在庫0、2/4 23時在庫あり2店舗。1/29 23時在庫あり10店舗)。Fly More コンボおはホワイト在庫希少、ブラック在庫なし。バッテリーなどの在庫はまだないようです。

同梱物について

  同梱物一覧(画像)DJIストアより
・標準構成で機体、バッテリー1個、送信機、充電器、USBアダプタ、プロペラ(2機分[4セット])ケーブル類、ジンバルプロテクタプロペラガードキャリングケースが同梱される。
・Fly Moreコンボにはさらにバッテリー2個、4個同時に充電可能なバッテリー充電ハブトラベルバッグ 、プロペラ1機分(2セット)、MavicAirのバッテリーをモバイルバッテリーとしてUSB給電できるバッテリーパワーバンクアダプターが含まれます。

 学生、教職員なら10%OFF?!になるかも DJI Education Discount プログラム
 ※発売日は対象外でした。DJIストアより「新製品の為にしばらくは対象外となります。Education Discountページ内の「製品一覧をダウンロード」に掲載された後に対象となります。」と回答がありましたのでその日をなが~く待てる方はどうぞ(FAQに「新商品(発売から約3ヶ月以内。※時期は前後します)は対象外となります。」と記載されていました。それよりもYahoo!ショップや楽天をよく使う人ならポイント還元狙いがいいかも。

価格情報は以上
 購入に迷っているかたはお近くのイベントで実機を確認しましょう※1/29 23時現在でページが表示されません
 3/1(木)~3/4(日) パシフィコ横浜 CP+2018 入場料1,500円(税込)(WEB事前登録無料)
  デモフライトにDJIフースでアンケートに答えた方から1名様にMavic Airがあたるキャンペーンあります!

 今からドローンを買う方はどれを選ぶのか。すでにSpark/Mavic Proを持っていても買い換えるか?悩みます。そこで、とりあえずSparkとMaivc Proと機能面について比較してみます。
詳細:Spark, Mavic Air, Mavic Proの比較一覧※パソコンで同時3機種、スマホだと同時に2機種まで並べて表示されるようです。
 大きな違い
 ・最大伝送距離 500m(Spark)2km(Mavic Air)4km(Mavic Pro)
 ・飛行時間 16分(Spark), 21分(Mavic Air), 27分(Mavic Pro)30分(Mavic Pro Platinum)
 ・画質 FHD@30p 2軸ジンバル(spark)4K@30p 3軸ジンバル(Mavic Air/Pro)
 ・価格 54,800円(Spark)108,000円(Mavic Air), 129,800円(Mavic Pro)144,800円(Mavic Pro Platinum)

 私の気になる点を書いてみました。

1.SparkとMavic Airの比較
(1)Airの良い点
・最大通信可能距離が2kmで、Spark 500mより遠くまでいける
・最大飛行可能時間が21分でSpark 16分より長い
後方障害物検知が追加され、前方後方の障害物を能動的に回避する機能(高度操縦支援システム(APAS))もある。
4K動画かつ3軸ジンバルでSparkはFHD動画2軸ジンバル
・折りたためばほぼ同じ大きさ
  Spark 143×143×55 mm
  Mavic Air 168x83x49 mm※折りたたみ時。広げると168×184×64 mm
・より多くの手のひら操作とクイックショット(自動飛行パターン)の追加
・若干早い
  Spark:50 km/h (S-モード)、21 km/h (P-モード)
  Mavic Air:68.4 km/h (Sモード)、28.8 km/h (Pモード)

(2)Airの悪い点
・基本構成でほぼ倍の価格。バッテリー価格もほぼ倍
  Mavic Airには基本構成に送信機が含まれるので高くなってますけどね。
  Spark:54,800円 バッテリー5,880円(飛行時間16分)
  Mavic Air:104,000円 バッテリー10,800円(飛行時間21分)
・若干重い
  Spark:300g
  Mavic Air:430g
 

2.Mavic Pro(Platinum)とMavic Airの比較
(1)Airの良い点
後方障害物検知が追加され、前方後方の障害物を能動的に回避する機能(高度操縦支援システム(APAS))もある。
HDR写真対応
・ビデオレートが100Mbpsになり4K時の動きの早い映像の画質向上が期待できる(Mavic Proは60Mbls)
より小型軽量で安価
  Mavic Air:68x83x49 mm※折りたたみ時。広げると168×184×64 mm 430g
  Mavic Pro:198×83×83 mm※折りたたみ時。広げると305×244×85 mm 734g
 手のひら操作とクイックショット(自動飛行パターン)の追加

(2)Airの悪い点
・最大通信可能距離が2kmで、Mavic Pro 4kmより短い
・最大飛行可能時間が21分で、Platinum30分(Mavic Proは27分)より短い
・動画のISO値が最大1600、Mavic Proは3200なので暗いところが少し苦手になった?
・パンの範囲が-12~12°で、Mavic Proは-30°~30°。すばやいパン時に若干カクつくかも。
・インテリジェント・フライトモードで地形フォロー、固定翼モードなど一部抜けている。
・送信機でのライブビューが最大720p@30fpsで、Mavic Proは最大1080p@30fps。DJI Goggles使用時も同様に低くなる。

 写真の比較はこの記事がとても参考になります:MyFirstDrone:WHAT IS THE MAVIC AIR?
 パノラマモードの写真解像度も違うのですね。かなり画質が違うようです。


3.Mavic Airの新機能紹介
(1)自撮り自動飛行動画撮影機能(クイックショット)が充実

 アステロイド(小惑星)/ブーメランの2つが追加されより魅力的な自撮りができます。

 

 ユーザーレビュー動画:
 

(2)Sparkのジェスチャー操作よりさらに使いやすく
  両手を広げたりすることで距離、高さを調整できるようになった(最大6m)
  手に持たなくても地上から離着陸も可
 
 

 Sparkもファームウェアアップデートで実現できそうな機能ですけど、Sparkはカメラと赤外線センサー、Mavic Airはカメラと2つのビジョンセンサーで認識し精度が向上したそうでそれで可能になったのかもしれませんね。

(3)自動追尾の機能向上
 アクティブトラック機能により最大で16個の対象を追跡できるようになり、精度も向上。
 
 さすがに夜間は無理です。

(4)後退しながら撮影でも安心?勝手に障害物を避けてくれる高度操縦支援システム(APAS)
 機体の前方後方にある障害物を能動的に回避します。これまでのように単純にその場に停止することなく避けてくれるので撮影を続行できる・・・かもしれません。
 ただし、検知速度以上や死角に障害物があると機能しませんので十分ご注意ください。特に左右にセンサーはありませんので自動追尾撮影時は特に周りの状況に十分注意する必要があります。
 前方障害物検知:0.5~12 m(検知可能範囲:0.5~24 m)
  有効検知速度:8 m/s以下、視野 (FOV):水平50° 、垂直±19°
 後方障害物検知:0.5~10 m(検知可能範囲:0.5~20 m)
  有効検知速度:8 m/s以下、視野 (FOV):水平50° 、垂直±19°

 

 ユーザーレビュー動画:1:20からテスト開始、2:25~林の中を進みます。どの程度の枝を認識できるのか雰囲気がつかめると思います。
   

 


(5)その他
- 360°パノラマ撮影が可能になりました。Sparkは180°。
 
- スムーズでなめらかなカメラ移動でプロのような映像になる三脚モードシネマティックモード Tripod and Cinematic Mode そしてタップフライ TapFly


4.その他
・カラーは3色(ホワイト、ブラック、レッド)
プロペラは折りたたみ式ではない。
・送信機のステックレバーを取り外して、送信機と送信機ハンドルの間の隙間に格納できるようになった。普通のバックなどに送信機を持ち運びする際にレバーが引っかかって折れたりしないよう気にしなくてよくなった。スティックレバー紛失しても予備用にさらに2本ついてます。
 スティックレバーの動画(mp4)DJIサイトより
ダウンロード
 ダウンロードできるマニュアルは今のところクィックスタートガイド v1.0(日本語版)のみで詳細なユーザーズマニュアルはまだのようです※2/4現在

 ユーザーレビュー動画:飛行可能時間約17分。スポーツモード約9分
 

 120fps動画

Mavic Airオプション
バッテリー 10,800円 ※標準1個、Fly Moreコンボは3個同梱
バッテリー充電ハブ 6,400円※Fly Moreコンボ同梱
 4個まで充電可。4個充電3時間※16℃〜40℃の場合(気温の低い5℃〜15℃で6時間20分)
カーチャージャー  6,400円
 充電時間48分※16℃〜40℃の場合(気温の低い5℃〜15℃で1時間37分)
 充電ハブも接続可。
トラベルバッグ 8,900円※Fly Moreコンボ同梱
 このバッグには機体、送信機、バッテリーx3個、バッテリー充電ハブ、充電器、スマホやケーブルなどを収納可能。
  サイズ:240×165×95mm

4.感想
 まずは通信可能距離、飛行時間、画質、価格で大まかな方針を決めて、あとはこだわりのある部分をSpark, Mavic Air, Mavic Proの比較一覧を確認しながら決めましょう。

 最大飛行時間、通信可能距離はSparkとMavic Proの中間になるように仕様を決定したみたい。それなら価格も中間にしてほしかった・・・DJI強気です。1インチセンサー搭載?DJI Mavic Pro IIのうわさもちらほらでてきましたねぇ・・・。
 YOUのデジタルマニアックス:#DJI Mavic Pro II は1インチセンサーのカメラを搭載か?(CR)

 最後にバイク乗りがMavic Airを買ったら行き先でこんな撮影したいだろうなと思える動画をご紹介。
 

以上

Spoiler: DJI Mavic Air revealed day early with 4K, 21 min flight time, 3 colors
https://dronedj.com/2018/01/22/spoiler-alert-dji-mavic-air-revealed-a-day-early-with-4k-21-minute-flight-time-panorama-and-more/ 

大きさはSparkとMavicの中間ぐらい?で折りたたみ可
フライト時間21分!で3軸ジンバル!いいですねぇ。

あとは通信可能な距離と飛行速度、価格ですね。送信機は流用できればいいんだけどなぁ・・・。

そして正式発表は今夜24時です。
https://live.dji.com/

↑このページのトップヘ