初めてのライブステッチング対応の360度カメラです。
国内に代理店はなく、現在Kickstaterで$299~$329投資した人ブルーを選んだ方から届いている状態です。

 GIROPTICS 360cam $499予約注文

 私もやっと届きましたが、360camはベータ版っぽいのでいろいろ試してる最中です。実際の動画はギャラリーやYouTubeに360camで撮影された映像(動画内の360camロゴで確認してください)がアップされ始めましたのでそちらをご確認ください。

 私が感じたこと、確認した内容を以下に順次まとめていきます。

他の360度カメラより優れている点
 360度カメラ例 Theta S(約3.6万円)、Gear 360($399.00)、LG 360 Cam($199.99)、SP360 4K(1台約5,8万円)
(1)外出先からスマホがあれば360度動画を共有可能
 カメラ内部でステッチングされるので、外出先でパソコンがなくてもすぐに360度動画をYouTube、Facebookで360度公開可能。
 一般的な360度カメラは録画終了後に複数カメラの映像を1つにするためのつなぎあわせ(ステッチング)がスマホやパソコンアプリで必要です。Theta Sは一部のスマホ(Xperia Z4、Galaxy S6など)で変換可、SP360 4Kはパソコン必須、Gear 360はGalaxyS6以上で変換可。
(2)高フレームなライブ配信が今後期待できる
 オプションのイーサーネットアダプタが必要のようですがLANケーブル+パソコン?で25fpsの配信が可能かもしれません。ただし、このアダプタの発送はまだ行われていないようですが期待しましょ。11月?頃に手元に届きましたが使い方がよくわからず試していません

他の360度カメラより劣る点
(1)全天球の映像ではない
 そもそも、360camの仕様は360度300度なので足元部分は映りません。全天球だと手や三脚(固定部分)が映るので結果的に隠せるので私は気になりません。360camのロゴも差し替え可能のはず(手順は不明)。
 Theta S、Gear 360、LG 360 Camは全天球可能。SP360 4Kは2台使って全天球が可能です。
(2)動画は2K
 動画は2K(2048x1024)なので画質は今ひとつですギャラリー
 他のカメラはTheta S(1920✕1080)最大25分または4GBまでTheta S(ギャラリー、LG 360 cam(2560✕1280)、Gear 360(3840x1920)ギャラリー、SP360 4K(2台で3840×1920)YouTube動画例
(3)約7分30秒以上の動画撮影で映像の抜け落ちがある
 360camの動画撮影では約7分30秒毎にファイル分割されますがその際に約2.5秒の空白時間ができます。ファームウェアアップデートで改善されることを期待しましょう。


以下検証途中や編集中の状態です。

以下の環境で確認
Hardware version: 360 CAM V1.1
Firmware version: 04.04

●動画
360camのSDカードに保存された元々のmp4ファイル
・YouTube
・Facebook

●写真
360camのSDカードに保存された元々のjpegファイル
(1)パノラマ
 (対応予定含む)facebook、Twitter、Google+、instagram、Tumblr、Flickr
(2)360度
 (対応予定)Google+
(3)リトルプラネット
 (対応予定含む)ffacebook、Twitter、Google+、instagram、Tumblr、Flickr

特徴
・動画 2K(2048x1024) 25fps H264 mp4 Bitrate12MB/sec
 ホームページでは2K 25-30fpsとなっていますが実際の映像は25fpsしか確認できていません。
・写真 4K(4096x2048)  jpeg
・タイムラプス 5秒~60秒間隔
・バースト 最大 3fps
・ライブストリーミング ※オプションのイーサーネットアダプタで可能らしい
・3Dオーディオ録音(3つのマイク) ※確認方法がわからないのでテストしていません
・ジャイロスコープで画像を安定化 ※スマホに設定項目がありましたがテストはしていません。
・防水(IPX 8)
 USBコネクタに専用キャップが必要ですので絶対忘れずに。あと、レンズキャップが当初あったはずですが不要になったんでしょうかね?(そのレンズカバーは平面レンズじゃないのでボケボケじゃなかと心配ですが・・・)。あと、見た目的に「本当に防水なの?」って思ってるので私は今のところテストの予定はありません。


・動画は最大約60分連続撮影が可能
 バッテリーは交換可能で仕様上連続60分撮影可能です。
 USB給電による撮影も可能です。最大1.1A程度消費しているようですのでUSB ACアダプタで出力の多いものをご用意ください。
オプションのイーサーネットアダプタが使える環境でPoE対応していればそこから供給も可能です(そのはず)。
 連続録画の撮影時間を測定してみました。結果は以下のようになりWiFiがONになっていると6分程度短くなるようです。
 実測連続録画可能時間
 ・WiFi-ON:約52分
 (測定1回目:54分15秒、2回目:51分59秒、3回目:51分50秒、4回目:53分22秒)
 ・WiFi-OFF:約58分
 (測定1回目:58分25秒、2回目:58分52秒、3回目:58分06秒)
 熱暴走で停止のようなことはありませんでした。GPSはOFFでスタビライザーの設定などは初期状態です。

 USB給電での連続撮影テスト
 ・メモリ64GB 15fps約3時間35分
 結果:MP4ファイルが66個された(7分42秒が22、7分30秒が3、6分44秒、5分37秒、4分53秒、2分15秒、1分57秒、1分38秒、52秒、36秒、32秒のファイルに分割され、最後のファイルは時間不明)。熱暴走の停止はない。だだし、メモリが一杯になっても見た目録画中(録画時間の表示)で24時すぎてもわからなかった。最後の動画ファイルは再生できなかった

 実測タイムラプス
  ・5秒 WiFi-OFF 4096x2048 約2MB
 (測定1回目:1時間14分 896枚)

 補足:カメラの消費電力
 USB給電時、動画撮影時約1.1A。録画していない待機状態でもWiFi-OFF 0.66~0.72A、WiFi-ONの状態で 0.69~0.72A程度消費します。

オプションアクセサリー
電球型アダプタ
 E27 ソケット。
イーサーネットアダプタ
 LANケーブルから給電と配信。届き次第、追記予定。


外観
2016-05-09 17_47_38-QUICKSTART_GUIDE_WEB_JP
2016-05-09 17_48_56-QUICKSTART_GUIDE_WEB_JP
上図はクイック・スタート・ガイド(PDF)より

準備
 メモリ、バッテリーの取り付け方はクイック・スタート・ガイド(PDF)をご確認ください。バッテリーの向きを間違えて端子を壊したりしないように注意してください。

充電
 カメラ本体にバッテリーを装着し、付属のUSBケーブルなどを使ってパソコンやスマホのUSBアダプタに接続し充電します。※Kickstaterで入手した方はデュアルバッテリーチャージャーを使って充電可能(USB ACアダプタはない)。360camをONの状態でUSBケーブルでパソコンに接続するとLEDに"USB"と表示され録画などはできません。

 USBケーブル接続時はカメラのLEDにUSBと表示され、スマホは接続できません(WiFiがONでもスマホアプリは接続に失敗します)。
 電源OFFの状態かつUSBケーブルで給電している状態のときに電源ボタンを短く1回押すと、現在充電中(点滅)か充電完了(電池マーク)がわかります。電源ONの状態のときはLED(赤、緑)かスマホアプリで残量を確認することができます。
 バッテリーはGoPro3と互換です。バッテリーは2個ついてますが、追加で必要になった場合純正$39ですが日本に届くまでの時間を考えるとGoPro HERO3用バッテリーAHDBT-301 /AHDBT-302(さらにその互換品だと安い)なので国内でも比較的入手しやすいので安心できます。私もAHDBT-302とその互換バッテリーが使えることを確認しました。ただ、GoPro用バッテリーを使うとき、カメラから取り出しするときの引っ張るやつが反対側で隠れて使えないので取り出しにくいです。

 補足:USB給電での撮影
 可能でした。バッテリーが入っていてある程度充電されていれば電源はONになります。その後USB給電(最大約1.1A)でメモリ容量いっぱいまで撮影可能でした。

・利用可能なメモリはmicroSDカード最大128GB
 実際に動画を録画するとmp4ファイルは約1GB(約7分30秒)で分割され、たまににそれより短い数分や数十秒などのファイルに分割されることもありました。分割の際2~2.5秒程度。たまに5,6秒録画されない空白時間ができました。
 前動画時刻 - 次動画時刻 空白時間(秒)
 07:32:36 - 07:34:73 2.37
 15:05.10 - 15:07.68 2.58
 22:38.09 - 22:40.67 2.58
 30;11;03 - 30:13.61 2.58
 37:43.98 - 37:45.56 1.58
 45:16.03 - 45:18.56 2.53
 52:49.52 - 52:51.49 1.97

 2回目
 07:26.12 - 07:28.60 2.48
 14:59.02 - 15:01.65 2.63
 22:31.91 - 22:34.54 2.63
 30:04.96 - 30:07.54 2.58
 37:37.84 - 37:40.47 2.63
 45:10.84 - 45:13.52 2.68
 52:43.79 - 52:46.47 2.68

 3回目
 05:37.36 - 05:42.52 5.16
 13:12.63 - 13:15.52 2.89
 20:45.72 - 20:48.40 2.68
 28:18.66 - 28:21.35 2.69
 35:51.59 - 35:54.27 2.68
 43:24.59 - 43:27.27 2.68
 50:57.46 - 51:00.04 2.58
 58:29.56 - 58:32.14 2.58

 4回目
 07:34.54 - 07:37.94 3.4
 15:08.17 - 15:11.91 3.74
 22:42.49 - 22:45.12 2.63
 30:15.49 - 30:18.12 2.63
 37:48.62 - 37:51.27 2.65
 43:12.15 - 43:18.31 6.16
 50:48.78 - 50:51.47 2.69
 
撮影
 撮影する場合はカメラの死角にならないよう撮影対象から1.5m以上離してください(クイック・スタート・ガイド(PDF)より)。カメラレンズの水平方向境目部分の1.5mいないは映りません。カメラの下側も映りませんけどね。

電源のON/OFF
 カメラを見て左側の[電源/シャッター]ボタンを2秒以上押し続けます。LEDに"360°"と表示され約20秒後に"Video"とバッテリー残量LED、WiFiの状態LEDなどが点灯します。OFFも同じ操作で行うと"OFF"の文字が表示され
 電源がOFFの状態で充電中に[電源/シャッター]ボタンを短く押すと現在の充電容量が確認できます。

・撮影モードの変更
 カメラ本体およびスマホアプリで撮影モードが変更できます。タイムラプス間隔の設定などはスマホアプリでのみ可能です。

操作:
 電源を入れ、カメラに表示される現在のモードを確認(必要に応じてモードボタンで変更)し、シャッターボタンを押します。
 右側の[モード]ボタンを押して切り替えます。ビデオと写真モード切り替えには数秒かかり、その間LEDにはひげマークが表示されます。カメラ本体でしかできない設定、スマホアプリでしかできない設定があります。
 スマホを使用する場合にはカメラの設定でWiFiをONにしてください。スマホからWiFi接続するときの初期パスワードは"giroptic"です(スタートアップガイドPDFのP19に記載されています)。

360cam本体でのモード、設定変更可能項目
 LED画面:モード
[デフォルト値]
・Video:動画
・Photo:写真
・TimeL:タイムラプス
・Burst:バースト(連続写真)
・(レンチマーク): 設定変更
 WIFI:APP/LAN/OFF
 GPS:ON/OFF
 GYRO(ジャイロ?):ON/OFF
 CONF(機能不明):CF 0/CF 1/CF 2

・GPS:[オフ] 左側のLEDが点灯でON
・WiFi:[オフ] 右側のLEDが点灯でON

スマホアプリ
 まだアプリ改版、公開が追いついていないのかiOSとAndroidのアプリで設定可能な項目が違うので貼っておきます(機能がない部分などは取り消し線で消しています)。iOS版が正式版に近いのかなと感じます。
 仕様上、WiFiでの接続は10m以内の距離で利用可能です。

iOS V3.0.7 2016年5月7日版 旧バージョン4月27日版(V3.0.6) 
 動画モードのみリアルタイム映像を確認可(ビットレートが低いようでプレビュー画面はノイズが発生しやすくなります)。撮影および写真などのモードで映像は表示されません。Sensor modeをStandardにすることで一般的な広角カメラとしての撮影も可能。
 撮影した動画をスマホに取り込めない!?(SNSなどに送れない)「Video import is not supported on your device.」
 VIDEO:
  Frame rate:
15/20/[30]※iOS版に項目なし
  Stabilzation:Horizontal Stabilization/Vibration correction/[Off]
  Sensor mode:Standard/[360] ※Standard(広角カメラ)を選択した場合は次の項目
   Sensor:Sensor 1/[Sensor 2]/Sensor 3 ※カメラをLEDが真正面見えるように持った状態で、反時計回りに1,2,3のどれか一つを使用する
 PHOTO:
  HDR:ON/[OFF]
   Render HDR in app:ON/[OFF]※iOS版に項目なし
  Salf timer:[0]/3/5/10/30/60sec ※0~60secまで1秒単位で指定可
 BUST:
  Duration:[5]/10/15/30sec
 TIMELAPSE:
  Interval:1/2/[5]/10/15/20/30sec ※Androidの場合
  Interval:2/[5]/10/15/20/30/60sec ※iOSの場合
 GENERAL
  Gyroscope:[ON]/OFF

Android V3.6.9
 . 5月13日版 旧バージョン2016年4月29日版(V3.6.8)
 撮影時のリアルタイム映像の表示がない。Standardモードはない。
 VIDEO:
  Frame rate:15/20/[30]
  Stabilzation:Horizontal Stabilization/Vibration correction/[Off]
  Sensor mode:Standard/[360] ※iOS版に項目なし
   Sensor:Sensor 1/[Sensor 2]/Sensor 3 ※iOS版に項目なし
 PHOTO:
  HDR:ON/[OFF] ※ONの場合は次項目設定可
   Render HDR in app:ON/[OFF]
  Salf timer:[0]/3/5/10/30/60sec
 BUST:
  Duration:[5]/10/15/30sec
 TIMELAPSE:
  Interval:1/2/[5]/10/15/20/30sec ※Androidの場合
  Interval:2/[5]/10/15/20/30/60sec ※iOSの場合
 GENERAL
  Gyroscope:[ON]/OFF


パソコンアプリ
機能:主に録画データのビューアです。YouTubeやFacebookにアップロードも可能ですが、トリム機能など編集機能は一切ありません。他にファームウェアアップデートもこのソフトで行います。

 http://jp.360.tv/ja/start からパソコン用ソフトをダウンロードします。
 ※下記画面は2016年5月2日にダウンロードしたもので、360cam Studio.exeのプロパティで製品バージョンV5.2.1.12046730と表示されたものです。

アプリアップデート
 起動時にインターネット接続していれば自動的にアップデートを促す画面が表示されました。


 ・[Gallery]タブ
 360度動画としてのビューワー。YouTube、Facebookヘ360度動画をアップする機能あり。
 トリム機能など編集機能は一切ない。
 ・[My 360cam]タブ
 ファームウェアバージョン確認とアップデート。
 現在のメモリ使用容量確認。
 WiFiパスワードの変更、チャネルの変更(デフォルト11) ※でもチャネル変更はできなかった・・・

 パソコン・ソフトを起動して360camを電源をいれてUSBケーブルで接続すると自動的にUPDATEが促されます。2016年5月2日現在V4.0.4のようです。アップデート完了時に特になにもメッセージもカメラ再起動もなかったのでちゃんとした手順が知りたい・・・。パソコン・ソフトもバージョンアップしたようで下の画面のようにバージョンが表示されるようになりました。
BlogPaint


不具合発生時の履歴
360cam Firmware version: 04.04 Andorid V3.6.9 2016年5月13日版、V3.0.7 2016年5月7日版


360cam 
Firmware version: 04.04 Andorid V3.6.8 2016年4月29日版、iOS V3.0.6 2016年4月27日版
・LED表示はVideoで、電源OFFやモード切り替えなど操作ができずアプリからの接続ができない。WiFi接続は可。WiFiのLEDは点滅。iOSアプリから接続しようとすると"Stating Session"が表示され続ける。Androidアプリには”Camera connection error. Please、Reboot your camera"と表示される。
→電源ボタンを押しても反応ないのでバッテリー取り外して強制OFF
・スマホでVideoからPhotoに切り替えを行ったら、カメラはひげマークでピクピクしている状態から変わらない
→電源ボタンを押しても反応ないのでバッテリー取り外して強制OFF
・スマホでVideoからPhotoに切り替えを行ったら、カメラにErr 90
→カメラ直に操作すると変更可能。バッテリーが赤い部分まできてたので不安定になったのかも・・・
・電源ボタンを押して起動すると、バッテリー残量が表示されない。スマホアプリからWiFi接続後、正常に接続できない(スマホで「Remote Camera」を押してもすぐ元の画面に戻る)。[モード]ボタン押すと動いていたがいろいろしているうちにそれも効かなくなった・・・。
→電源ボタンを押しても反応ないのでバッテリー取り外して強制OFF
・スマホアプリ(iOS)でVideoモードからPhotoモードに変更したときにカメラに"Err 87"または"Err 90"表示
→電源ボタンでOFF/ON
・パソコンからUSBケーブルで給電。電源ボタン押してLED表示での充電完了を確認後、USBケーブルを外して、電源ボタンを何度押しても電源がONにらない。
→バッテリーを一旦取り外して復旧。
・USBケーブルで給電し長時間録画。録画を停止後、電源ボタンを長押ししてもOFFにらない、モード切替もできない。
→バッテリーを一旦取り外して復旧。

感想
 世界初”の360度カメラになるはずだった360camはで出遅れてしまいました。しかし、カメラ内でステッチしていてすぐに映像を活用できる点はすばらしいと思います。WiFiまたはUSB接続、360度ライブ配信を可能にすると他社にできないさらなる機能として強みになれると思いますので急いで対応したらいいのになぁと思います。今のところオプションのイーサーネットアダプタ(発送はまだ)を取り付ければできるようですが。

 電源を入れると下側の放熱させている部分が非常に高温になり手に持てなくなりますので、 5分以上撮影するなら一脚などにつないてご利用ください。録画してなくてもみるみるバッテリーは減っていきます。こまめな電源OFFが必要かも。


不明点、改善要望など
・カメラ本体
 ・動画撮影時にファイルが分割される際の空白時間をなくしてほしい。
 ・電源起動後はVideoモード固定ですが、前回OFF時のモードで起動して欲しい。動画、写真切り替えに時間がかかるので・・・。
 ・バッテリー充電の際、充電が終わったか電源ボタンを押せばわかるが、一般的にカメラのようにひと目で判断できるようにLEDを1個でいいから点滅させるなりいちいちボタンを押さなくても確認できるようにして欲しい。無灯火なのはちょっと不安なので・・・。
 ・画質優先モードを作って欲しい。リアルタイムステッチではなくあとからパソコンで時間かけてステッチしてもいいから高画質の360度動画が作成できるようにしてほしい。
 ・1440x896 45fpsが設定可能らしいがその項目は見当たらず・・・。
 ・底面の360camロゴは差し替えできるらしいが、方法が見当たらず・・・。Q&A見ると5/17時点で未対応のようです・・・。
 ・工場出荷時の状態(設定)に初期化する方法は?

以上

続きを読む