> PCでの設定方法ネットワークカメラMK-IPC1をLANケーブル接続し初期設定をパソコンで行うに記載していますのでそちらをご覧ください。

 ネットワークカメラMK-IPC1を初期化して再設定しようとしたところ、WiMAXルータ(Uroad-Aero)に直接LANケーブルを接続したのですがなぜかDHCPでアドレスが取得できず、仕方なくLANに固定IPアドレスを割り当てたのですが、なぜかU-lifeアプリでアプリを見つけ出せず、繋がらないと何度も試行錯誤する羽目になったので、設定方法を手順化して次回悩まないようにまとめました。
 今回はiPhoneで設定を行いましたがAndroidでも同じようにできると思います。この方法だと初期設定にかかる時間はLANケーブルを使った時よりすこし時間がかかりますが約10分~20分で行えます。

環境
今回の設定および運用環境ではカメラ本体はLANケーブルではなく無線LANでのみ接続することを想定しています。
・カメラ本体はLANケーブルは接続せず、電源はONにしておく。
 設定を初期化する場合には本体後ろ側にあるRESETボタンを爪楊枝などで5秒程度押す。
 ※カメラ本体のWi-Fiランプがオレンジに点灯していれば無効にするために初期化を行ってください

1.U-lifeアプリをiPhoneにインストールする
 Apple StoreからU-life Proを検索してインストールしてください
IMG_1184.png
 現時点で、アップデート2013/12/16のバージョン3.23でした。

2.iPhoneを直接カメラ本体に無線で接続する
 (1)iPhoneのWi-Fi設定でカメラ本体を選択
 下記のような画面で、本体のシリアル番号IDが表示されますので選択します。
 ※以下手順で表示される「URoad-・・・」は私の自宅の無線アクセスポイント、「3320・・・」はカメラ本体ですのでそれぞれみなさんの環境で読み替えてください。
IMG_1136.png
 このとき数分してもIDが表示されていない場合には、カメラ本体のWi-Fiランプがオレンジに点灯していないことを確認してください。Wi-Fiランプが点灯していればWi-Fiが有効な状態になっているので本体裏のRESETボタンを5秒程度押して出荷状態(Wi-Fi無効)にしてください。

 (2)パスワード入力画面で ulifecam と入力します
IMG_1141.png

 以下の画面のようにそのカメラ本体と無線接続していることを確認します。
IMG_1143.png

3.カメラ本体のWi-Fiを有効にする
 (1)Ulifeアプリを起動し、「ローカルリスト」を押します
 下記のように「ipcamera」が表示され左の●が緑色になっていることを確認します。
IMG_1186.png
 灰色の場合にはしばらく待ちます。

 (2)右側のiに○のマークの部分を選択し、以下の画面でパスワード admin を入力し[確定]を押します
IMG_1187.png

 (3)以下の画面で「ワイヤレスパラメータ」を選択します
IMG_1188.png

 (4)Wi-FiをONにし、ご自宅の無線アクセスポイントのSSIDとパスワードを入力し、右上の[保存]を押します
IMG_1190.png

 このとき、カメラ本体のWi-Fiランプがオレンジに点灯します。

4.U-life(サーバ)接続用アカウントを作成する
 (1)iPhoneがご自宅の無線アクセスポイントと接続しているか確認します
  手順2-(1)のようにiPhoneのWi-Fiがご自宅の無線アクセスポイントと接続しているか確認します。
 Ulifeアプリの「ローカルリスト」を選択し、ipcameraの左側の●が緑色になるまで数分待ってください。
  ※手順3-(4)のタイミングでWi-Fiが有効になり、カメラ本体との直接接続は切断されますのでご自宅の無線アクセスポイントと接続しているかご確認ください。
IMG_1193.png

 (2)Ulifeアプリで画面右下の「ログイン」を押し、以下の画面で[登録]を押します
IMG_1194.png

 (3)以下の画面でU-life(サーバ)接続で使用するアカウントとパスワードを好きなように入力して[登録]を押します
IMG_1125.png

 (4)文字の長さなどが問題なければ以下の画面に戻りますので、[ログイン]を押します
IMG_1129.png

 ログイン名、パスワードはアプリが覚えているようで次回から入力する必要はなくなります。他の端末やアプリの削除を行うと接続できませんのでパスワード等は忘れないようにしてください。忘れた際には新しいログイン名で再度以下の登録を必要があります。※パスワードを忘れてしまってそれだけ初期化、再設定とかの方法はわかりません・・・

5.作成したアカウントとカメラを紐付ける(U-lifeアプリを使ってアカウントにカメラを登録する)
 (1)ログイン後、以下の画面が表示されます。されていない場合には画面したの「マイカメラ」を押してください
 この画面[新しいカメラを取り付けます]を押します。
IMG_1196.png

 (2)カメラ本体のID番号を入力します
 このとき画面上に表示されていればそれを選択、または二次元バーコードのマークを押すとカメラが起動しますのでカメラ本体裏にある二次元バーコードをiPhoneのカメラでピントがあう距離にして表示させるようにしてください。番号が入力されたら[次へ]を押します
IMG_1198.png

 (3)iPhoneからカメラ本体と通信が行われ設定が自動的に行われます
IMG_1200.png
 このとき「カメラを検索しています」と表示され上記のようにならない場合にはiPhoneまたはカメラ本体が正常にアドレスが割り当てられていないなどの問題でiPhone、カメラ本体間の通信ができていません。iPhoneがカメラと同じ正しい無線アクセスポイントに接続しているか確認し、それでもダメならカメラ本体の電源をOFF/ONしてしばらく様子を見て再度設定を行ってください。

 (4)カメラ本体のWi-Fi設定はしません
 以下の画面が表示され引き続きカメラ本体が無線アクセスポイントに接続するためのWi-Fi設定を行うか表示されますが、前に設定していますのでここでは[いいえ]を選択します。
IMG_1201.png

 (5)カメラ本体と登録したUlifeアカウントが関連付けられますので、[完了]を押します
IMG_1204.png

6.動作確認
 (1)以下のように「マイカメラ」にipcameraと表示されますの選択してください
IMG_1205.png

 (2)以下のようにカメラ画像がリアルタイムに表示されることを確認し、下にあるボタンをいろいろいじってみてください
IMG_1207.png

 ちなみに画像を最大拡大したときは以下の画面です。写っているパソコン画面の距離は40cm程度ですが、このように小さな文字はボケて読み取ることは難しいです。
 IMG_1218.png

 ちゃんとインターネットから接続しているかiPhoneのWi-Fiを無効にして確認してください。


7.補足(タイムゾーンの設定)
 基本設定は終わりましたが、画像にも表示されている時刻はカメラ本体のタイムゾーンが工場出荷時には日本ではないので間違った時刻を表示してしまっています。以下のように設定します。
 (1)「ローカルリスト」からipcameraのiに○マークを選択します。※このとき左の●が灰色の場合にはiPhoneとローカルアドレスで接続していません。iPhoneのWi-Fiが無効であれば有効にして自宅の無線アクセスポイントと接続してください。
IMG_1211.png

 (2)「基本情報」を選択します
IMG_1212.png

 (3)「タイムゾーン」を選択します
IMG_1213.png

 (4)一覧から「GMT+09 Tokyo・・・」を選択し、左上の「基本情報」を押します
IMG_1214.png

 (5)名称のipcameraを押します。すると右上の「保存」ボタンが灰色から黒色になりますので、押してください。「保存が成功しました」と表示されます。
 ※名称を入力変更できる状態にしないと保存できないようでした
IMG_1216.png

 このあとは[戻る]か「ローカルリスト」を押してカメラ一覧を表示させ、ipcameraを選択してちゃんと時刻が正常か確認してください。

以上です
azone HD高画質 赤外線 人体検知センサー 搭載 遠隔操作可能 ネットワークカメラ IPカメラ 防犯 監視 ベビーモニターiPhone Android 簡単視聴 水平方向270° 垂直方向120°/操作可能 高解像度1280x720 ハイスペックモデル
by カエレバ