DJI Mavic Pro用に販売されている関連商品の価格をまとめます。
Amazonで中国からの出品が増えてMavicにいったいどんな関連製品が何があるのか非常にわかりにくくなったので、私の価格調整を兼ねて整理することにしました。
 Amazonではブランドが少なく出品者の名称で販売しているので、同じ商品でもかなり価格が違います。私は同じ商品かどうかは写真を見て判断しています。
 ブランドはPGY(PGY-TECH)、Sunnylifeぐらいでしょうか。あとはノーブランド品(OEM製品)だと思います。

2017/6/3
1.送信機用タブレットホルダー
(1)一番の売れ筋 Amazon発送品 2,480円~3,880円 販売会社発送品(海外より1,690円~1,960円)
 ノーブランド品:折りたたみ式:重量 約230g:収納袋付き
 
 一番重いですがしっかりしていて安心感はあります。5月末ごろにAmazon発送品の価格が下がってきて購入しやすくなりました。

 強み:強度に一切不安はない。ホルダー部のバネが強く落とす心配がない。
 弱み:約230gで一番重い。しかし、人によってはずっしりとしているから安心感があると感じる。


(2) 台座部分がすこし軽い 3,180円。販売会社発送 3,024円+送料450円

 PGY製:折りたたみ式:重量 約190g:収納袋なし
 
 (1)との違いは台座部分の構造のみ。ホルダー部分は(1)とまったく同じ。

 強み:しっかりとしていて(1)より軽量化。ホルダー部のバネが強く落とす心配がない。
 弱み:出荷時点での製造品質が低く不安(Amazonレビューにすでにネジ山つぶれありの不具合で返品1件)。購入される方は受け取り時にすぐネジ山がつぶれていないかチェックしましょう。収納袋がないのも残念。


(3) 最軽量※組み立て式 1,880円~2,680円 販売会社直送 2,889円

 Sunnylife製:組み立て式:重量 約100g:色はブラックとホワイトの2色:収納袋なし
 
 台座とホルダー部を金属アームでつなげネジ止めします。コンパクトに持ち運ぶ必要がなければネジをはずさずそのまま持ち運びましょう。ホルダーはこちらもバネの力でタブレットを固定しますが(1),(2)よりはすこし弱い。最軽量で安価でバランスのいい製品だと思います。
 強み:最軽量の100g
 弱点:移動、収納時に場所をとる。小さく持ち運びする際は解体(ネジをはずす)必要があり、部品紛失の危険性がある。収納袋はない。

 発売当初は台座部分が3Dプリンタで出力された厚みのあるものもありました。

(4)最新折りたたみ式 2,480円~3,599円 販売会社直販 2,999円+送料340円~3,980円

 Sunnyliffe製2017年5月発売:折りたたみ式:重量 ホルダー(約170g)+ストラップ(約40g):専用ストラップと収納袋付き
 
 標準でストラップが付属しレンズフィルター収納ができる最新ホルダーです。
 ホルダー部分はロックタイプで押し込みます※上記(1)~(3)商品はすべてバネの力で押さえ込み固定タイプ。ロック解除は横のボタンを押しホルダーを広げます。ストラップが同梱され、台座部分にレンズフィルター4枚格納可能。角度調整時の固定の強弱はヒンジ部のネジを台座に入っている六角レンチで締め強さ加減調整します※強すぎると収納ができない
 強み:組み立て式では最軽量。ストラップが標準でついてくるのでコストパフォーマンスはよい。
 弱み:ヒンジ部もプラスチックなので強い力がかかった時に割れないかちょっと不安。ユーザーレビュー待ち。


 上記の4製品は手元にありますので詳細な仕様を確認されたい方は問い合わせいただければご回答いたします。
 他にも数ヶ月前から発売されている製品2,3種類ありますがレビュー評価はかなり低いです。

以下は今後整理していきます。

2.屋外で見えにくい液晶をある程度見やすくするモニターフード
 スマホ、タブレット画面は屋外ではどうしも空などが映り込み非常に見えにくいものです。アンテナはMavicの方向に向けて操作することがいいので
 DJI純正
  モニターの上にもカバーがありますので空の映り込みを防ぎやすく、スマホの操作性も高い
 Sunnylife製
  純正と同じような構造でブースターが取り付けられるモデルもあります。
 簡易フード 1080円~1800円
  しっかり固定するというよりフードが飛ばないように抑える程度です。構造がシンプルで装着などが楽です。iPhone 6/7~iPad Proサイズまであります。
 安価で操作重視 980円
  タブレットホルダー用
   上記簡易フードとことなり液晶画面の指

 360度覆うタイプ
  空が非常に明るく開けた場所ではほぼ空が写り込んでしまいますが、このタイプであれば覗き込めが完全に把握できます。ただし、ドローンは目視飛行が基本ですので覗きっぱなしで操作しないよう注意が必要です。


3.ランディングギア
 3cmアップ
 バネ付き
 ゴムタイプ
 LED付き
  PGY製

 ランディングパッド
  110cm、80cm、75cm、50cm

4.ケース
 ハード
 セミハード
 小型ショルダー
  DJI純正
 小型分離
 収納袋
  DJI純正

5.レンズフィルター

検討中
モーターキャップ
送信機キャップ
送信機ストラップ
プロペラガード