今のところワイコンはKASE・UlanziとJSRの2つの形状が存在し、KASE・Ulanzi形状は在庫あり販売開始されています。

1.製造・販売メーカー紹介

(1) KASE、Ulanzi他
 ロゴのないOEM販売などありますが、フレーム形状が同じなので同じでしょう。
 画質は動画やブログ紹介を見ると、問題は周囲の解像度があまくなる、四隅が少し暗くなる点が課題のようです。それが気にならないレベルであれば良さそうです。

a. Ulanzi
HTB1XyubJ9zqK1RjSZPxq6A4tVXaZ[1]

 HTB1iYWEJ4jaK1RjSZKzq6xVwXXaX
在庫情報
Amazonに在庫4社。 4月1日22時現在
在庫あり
(1)2,588円 Ulanzi販売を確認。4/1日22時在庫89(在庫履歴:3/31日18時在庫185、3/25日13時在庫0、25日9時現在在庫4(在庫履歴:24日11時残53、23日11時残97、22 日残108)。1日で4,50個減るなど急激に在庫を減らしています。

(2) ノーブランド(YZCTRADE-JAPAN)2,099円 在庫数不明。在庫履歴:当初2,298円でしたが25日13時現在値上がりして2,498円でした。
(3)ノーブランド(XHS)1,950円+5%OFFクーポン。4/1日22時在庫9。
(4)ノーブランド(Maxkuメーカー直営店)2,499円。4/1日22時在庫46。

在庫なし
(1) techcanoonストア最大3購入可※値上げ傾向
在庫情報ここまで-----

KASEとUlanziの製造は同じかな?下記動画の6分以降で比較されています。
 

↓「 堀口英剛 monograph」:「Osmo Pocketの画角を広げる!磁石でくっつく広角コンバージョンレンズが素晴らしい!」
  
↓「Tea J(サブチャンネル)]:「TJブツブツ散歩 #094 Osmo Pocket 広角レンズ サンプル映像 1080P,60FPS,D-Cinelike
 

画角や写真画質を比較したブログをご紹介
 monograph:「オーナーさん朗報です。UlanziのOsmo Pocket用広角コンバージョンレンズ

b. KASE http://www.kasefilter.se/dji_osmo_pocket.html
HTB1SCKlKCzqK1RjSZFHq6z3CpXaf[1]
↓[uzumax]:「【カメラ】OSMO POCKETに使える広角フィルターを紹介!簡単に付けられて効果的!これは使える!」

↓[川井 浩二 Vlogs]:「CP+2019でOSMO POCKET18mmワイコンGET!」19分~

 KASEフィルターは国内でもすでに入荷している?かもしれません。下記では3/30入荷予定(当初3/15でしたが在庫がなくなったのか変更されていました3/25確認)とありますが問い合わせしてみてはどうでしょうか。

 ドローンテクニカルファクトリー川越 KASE 2,160円+送料650
 http://drone-kawagoe.shop/shopdetail/000000000007/

  セキド:Osmo Pocket用広角レンズは本当に広角なの!?
  2,000円(税抜き) +送料500円~1,200円(税抜き)

2.JSR
IMG_20190401_155528-

在庫情報
 Amazon.co.jp Jarshvila JP販売 1,599円 4/2日19時現在在庫なし

 こちらはさらにワイドの110度(120度?)のようですが、まだ画像などがYouTube見つからないので良くなっているのかそれともさらに悪くなっているのか不明です。
画角と画質は実際に撮影したものを下に貼り付けておきます。

JSRのワイドレンズが4/4届きました。
しかーし基本的かつ大問題発覚!ワイドレンズのフレームサイズが微妙に大きくてレンズフレームがきっちりとくっつきません。レンズフレームがOSMO Pocketのガラス周りの縁の上に乗ってしまうのです。磁力でついてはいますが、わずかに浮くので外れやすく・・・・。
 JSRで撮影した写真を見てもらうとわかりますが、周囲の焦点があっていないというかずれているというか・・・。Ulanziよりケアレは見立たないんですけどその分画角が狭くなってる感じがします。

 また、他の会社から120度タイプの発売も5月?6月?に予定されているようです。画角は実際にところ測定してみないとわかりませんけどね。届いたら測定してみます。

2.画角比較
 下記の水平画角は私がおおよそで測定したものなので正確ではありません
(1) ワイドレンズなしNormal 約65度

画像比較20190406-Normal

(2)Ulanzi 約85度
画像比較20190406-Ulanzi

(3) JSR 約80度
画像比較20190406-JSR

この写真を見た感想は
画角:UlanziとJSRと画角はほぼ同じで、Ulanziが若干広い。
 Ulanzi(85度) > JSR(80度) > Normal(65度)
ワイドレンズのケアレ:Ulanziには四隅にフレームの影(ケアレ)があってちょっと暗い。JSRはあまり感じない。
ピント:Ulanziも周囲が若干ぼけている。JSRは周囲のピントがさらに甘い。
魚眼レンズ感:Ulanziは画面の魚眼レンズ感がJSRより少なく見やすい。


3.購入について
おそらくどちらも同じような価格で4月上旬頃に購入できると思います。
 4月になってUlanzi他は在庫が豊富になりました。Amazonで販売されている在庫なし(中国発送の商品)は入手までにはかなり時間がかかるようですのでご注意を。KASEのAmazon在庫は不明ですが、「ドローンテクニカルファクトリー川越」に4/10入荷されそうですのでAmazonで売り切れた場合は入荷状況を「再入荷お知らせ申し込み」等で確認したほうがいいでしょう。
 JSR(Red:120度?)の取扱を私はやめました。JSRもおそらく自分で作った製品品質をわかっているようで?!Ulanzi等と同じ100度?(Black:100度?)を発売するようです(4/10時点)。黒JSRが手に入ったら再度挑戦してみますw。Ulanziと品質は同じだと思うんですけどね。
image_2019_04_09T10_08_17_171Z


4.使用上の注意
 また、UlanziとJSRともにガラス面にフレームや磁石が当たりますので、Osmo Pocketガラス面の塗装(なんの塗装かはわかりませんが)が剥がれてキズのように見えます。映像に影響のない範囲であればいいのですが、中央付近にキズがつかないよう装着時は毎回注意する必要があります。
 ちなみにガラスに保護フィルムを貼ってみると磁力が弱くなり、レンズが外れやすくなります。0.1mmなどの薄いフィルムであれば大丈夫かもしれません。振動などでワイドレンズがいつのまにかなくなっている!ということにならないようご注意ください。

以上